ドスパラの超高性能PC Prime Galleria ZX-E Maelstrom の構成とパフォーマンスは

Prime Galleria ZX-E Maelstrom
ドスパラが販売している超高性能デスクトップPC「 Prime Galleria ZX-E Maelstrom 」のレビューです。
Prime Galleria(プライム ガレリア)は、ドスパラのゲームPCブランドとして非常に有名なシリーズ。
そのガレリアの中でも上位クラスに位置づけられる ZX-E Maelstromは、 グラフィックスにはGeForce GTX580を搭載し、プロセッサにはCore i7 EEの搭載が可能となるなど、 多数の高性能なパーツを選択できる構成のゲームPCとなっています。
もちろん、性能の高いパーツを搭載すると高価にはなりますが、 実際のパフォーマンスは文句なしの内容で、 高負荷なゲームPCやアプリケーションなどでも非常に高速な動作を実現する事が出来ます。
もちろん構成は様々にカスタマイズ可能ですので、ある程度価格を抑えた構成も可能。
元々が高性能なモデルですので、価格を抑えたとしてもそれなりの高いパフォーマンスは得られるかと思います。
というわけで今回は、ドスパラの超高性能モデル「Prime Galleria ZX-E Maelstrom」の特徴と性能の詳細などについて色々と触れてみました。。

ドスパラのゲームPC ガレリア 性能&価格一覧表(全モデル)

このページのトップへ

Prime Galleria ZX-E Maelstrom インターフェースやMaelstromケースの詳細

Prime Galleria ZX-E Maelstrom で使用されているケースの詳細や、インターフェースの内容です。
Prime Galleria ZX-E Maelstrom前面
Prime Galleria ZX-E Maelstromに標準で採用されている、Maelstromケースの前面。
In Winが販売する「Maelstrom」という冷却に優れたフルタワーPCケースです。
最上部のベイにはブルーレイドライブを搭載。(前面には5.25インチベイ×5)
このページのトップへ
右側面の様子
左側面の様子
右側面には何も無し、左側面は一面がメッシュ状になっており、非常に通気性に優れます。
写真は、側面近くに取り付けられたファン(22cm相当)が回転して光っています。
拡張性の高さ以外に、ファンを数多く搭載できるというのもこのケースの魅力です。
このページのトップへ
前面のインターフェース
前面中央部には、12in1カードリーダーを搭載。
前面の緑色のバーは特に何かをする為のものではなく飾りです。
(バーがイエローのものも以前見た事があります)
なんとなくつい持ち手代わりにしてしまいそうですが、
このバーを持ち手として使用してはいけないとの事です。
このページのトップへ
Maelstrom上部
Maelstromの上部の様子。
奥半分がメッシュ状の排気孔となっています。
そしてその排気孔付近にもファン。
高性能なだけあってどうしても発熱が気になるPrime Galleria ZX-E Maelstromには、 このような熱が篭り難いケースが適しています。
このページのトップへ
Maelstrom上部のインターフェース
ケース上部には排気孔の他、各種インターフェースも備えます。
内容はマイク入力、ヘッドフォン出力、USB2.0×2ポート(残り2ポートは使用不可)、IEEE 1394、eSATA×2、 そして手前に電源とリセットボタンが並んでいます。
このページのトップへ
Maelstromの背面上部
かなり見づらい(というかケーブルで見えません)ですが、Maelstromの背面上部の様子です。
今回の Prime Galleria ZX-E Maelstrom で使用できるインターフェースの内容は、 PS/2(キーボード×1、マウス×1)、IEEE1394、LAN、 USB 2.0×5、USB 3.0×2、eSATA×1、DVI×2、MiniHDMI×1、 ライン入力×2、ライン出力×4。
このページのトップへ
Maelstromの背面下部
背面下部には、6つの拡張スロットを搭載。
Maelstromではこの拡張スロットのブラケットの通気性にまで配慮されています。
スロットの内容はPCI Express x16×2、PCI Express x1×2、PCI 2.0×2。
下部には水冷用のチューブを通す穴も配置。
最下部には電源コネクタを配置しています。
このページのトップへ

Prime Galleria ZX-E Maelstrom 基本構成と実際のパフォーマンス

Prime Galleria ZX-E Maelstromに限った事ではないですが、 ドスパラで販売されているデスクトップPCは基本的に、殆どのパーツのカスタマイズが可能です。 (稀にそうでないモデルもあります)
パフォーマンスはモデルの構成によっても異なりますので、 ここではPrime Galleria ZX-E Maelstromの基本構成と、その構成で得られるパフォーマンスの内容などを記載してみました。
【Prime Galleria ZX-E Maelstrom の主な構成】

OS: Windows 7 Professional 64bit
プロセッサ: Core i7-980X エクストリーム・エディション(3.33GHz、TB時最大3.60GHz/3次キャッシュ 12MB)
チップセット: X58 Express
メモリ: 12GB(PC3-10600 DDR3-SDRAM/最大24GB)
ストレージ: 128GB SSD + 2TB HDD
グラフィックス: GTX580(VRAM:1536MB)
光学ドライブ: ブルーレイドライブ
光学ドライブ: PCI Express x16×2、PCI Express x1×2、PCI 2.0×2
サイズ: 幅 225 × 奥行き 601 × 高さ 550(mm)
重量:  約16kg
ケース:  IN WIN Maelstrom
電源: 750W 80PLUS 静音電源
上記の構成で299,980円(税込)
非常に高価ではありますが、このPrime Galleria ZX-E Maelstromの基本構成のプロセッサには、 最高クラスのCore i7-980X Extreme Editionが搭載されています。
メモリは12GB、SSDとHDDの2ドライブ構成、グラフィックスにはGeForce GTX580など、 非常にハイスペックな構成なのでこの価格ですが、内容を考えると決して高くはありません。 (ドスパラ販売のモデルは、パーツの価格などを考えるとかなりギリギリの価格だと思います)
もう少し安価なモデルが良いという場合には、さらに構成を落とす事も可能です。
例えばCore i7-950、GTX570などでは224,780円(税込)。
もっと安価な構成も可能ですが、そこまでするならばこのモデルを選択する意味がなくなってくる為、 下位のモデルに変更された方が良いと思います。
このページのトップへ
では次に、上記構成の Prime Galleria ZX-E Maelstrom のパフォーマンス詳細です。
【エクスペリエンス・インデックス】
エクスペリエンス・インデックス 評価前
プロセッサ = 7.8
メモリ = 7.8
グラフィックス = 7.9
ゲーム用グラフィックス = 7.9
プライマリ ハードディスク = 7.9
最高値が7.9ですので、そのスコアもほぼ最高。
非常に高性能な内容のモデルです。
マシンに負荷のかかるPCゲームや、動画編集や制作向けの重いアプリケーションでも、 快適に動作すると思われます。
このページのトップへ
【3DMark06】
1280×1024 = 23378
1920×1200 = 22968
このページのトップへ
【FINAL FANTASY XIV】
FINAL FANTASY XIV
1280×1024 = 6663
1920×1200 = 5551
このページのトップへ
【バイオハザード5】
1280×1024 = 6663(FPS平均:216.4)
1920×1200 = 5551(FPS平均:164.9)
このページのトップへ
言うまでも無く、どのベンチマークの結果も非常に高性能です。
ちなみに全体的に高性能だと思われるドスパラのゲームPC「ガレリア」の中で、 Prime Galleria ZX-E Maelstrom が大体どの当たりに位置づけられているのかを見てみると・・
GeForce&インテルCPUモデル 価格・性能比較表
赤い矢印の位置が、今回の ZX-E Maelstromとなります。
上記は、GeForceとインテルCPUを搭載したガレリアPCの性能比較表ですが、 最も高性能なプロセッサとグラフィックスを搭載した ZX-E Maelstrom が、この中では最高性能のモデルとなります。 (SLIモデルを除いて。SLIはマルチGPUの事)
※上記のような、全てのドスパラのゲームPCの性能比較表を掲載したページへのリンクは、当ページの下に記載しています。
 
ちなみに・・小さいので見づらいですが、中央のブルーの領域に掲載されているモデルは、
1月9日に販売が開始されたインテルの第2世代Core iプロセッサを搭載した製品です。
一応ミドルクラスのモデルですがパフォーマンスは非常によく、 価格と性能を考えるとかなりコストパフォーマンスに優れます。
自分的に、ZX-E Maelstrom のようなモデルには予算が足りないと言う場合、
新CPUを搭載したモデルがおすすめだと考えています。
例えばGTX 580やCore i7-2600搭載モデルと、 ZX-E Maelstrom とではやはりパフォーマンスは異なりますが、 価格差ほどの性能差があるのかというと、そうは思えません。
今回の新Core iプロセッサは出来が非常によく、従来のCPU搭載モデルとの共存がやや微妙だったりします。
パフォーマンスを追及するのであれば、やはり最高性能のプロセッサを搭載したモデルが良いかもしれませんが、 そこまでのものを必要としないのであれば、新CPUを搭載したモデルが性能・価格含めて 色々な部分で最適なのではないかと思います。
ただ、これはあくまでも私の意見となりますので、参考までにお願い致します。
 

Prime Galleria ZX-E Maelstrom についての記事は以上となります。
非常にハイスペックで高性能なモデルですが、その分価格の方もかなり高価です。
しかし他メーカーで同価格の製品の内容を見た場合、ここまでの構成のマシンを探すのは難しいのではないかと思います。
同じようなBTOメーカーでは提供されている店舗もあるかもしれませんが、かなりギリギリの価格だと思いますし、 ドスパラでは送料が無料(現時点では)だという事、また特価のキャンペーンなどをよく開催する事など総合して考えると、 やはりコストパフォーマンスには優れています。
なお上でも述べたように、ZX-E Maelstrom には予算が足りない場合には、
次世代CPUを搭載したモデルなどもチェックされてみると良いのではないかと思います。
なお、話がやや逸れますが、ドスパラは自分的にはお勧めのBTOメーカーで、 本当ならばもっと記事を掲載していきたいのですが、なかなか記事に掲載出来る位実機に触れる機会がありません。
(秋葉原の実店舗には結構頻繁に行くのですが)
そのような感じですが、 今後も実機に触れる機会がもてればどんどん掲載していきたいと考えています。
 
というわけで、次回はまたHPの春モデル新製品の記事に戻ります。
春の新製品の中でどのモデルを掲載するかは未定ですが、
HPの春モデルに興味をお持ちの方は、次の記事も是非ご覧いただければと思います。
2011.01.24 Monday | Dospara ドスパラ | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
コメント
コメントする:











※コメントはすぐには表示されません。管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://touchpc.ykr.main.jp/trackback/144
※サイトや記事の内容と関連性が低い、
また管理人が適当ではないと判断したものについては削除させて頂きます。ご了承下さい。
新着記事
最近追加したレビュー
カテゴリ
コメント
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/10)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/07)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/06)
  • Thinkpad T61のまとめ
    TouchPC! (11/08)
  • Thinkpad T61のまとめ
    Takayuki-Tokushima (11/08)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    TouchPC! (02/22)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    mt (02/22)
アーカイブ
QRコード
qrcode
その他

Copyright © 2009 - TouchPC!. All Rights Reserved.