Thinkpad Edge 11”と X100e 比較 その1 & X100eの後継モデル X120e は・・

Thinkpad X100eとEdge 11”
久しぶりにレノボの Thinkpad のレビューです。 今回記事に掲載するのは、昨年登場した11.6型のノートPC Thinkpad X100e と Thinkpad Edge 11”。
X100e というと、昨年の初め(発表当時)に記事を書いたのでは?と思わなくもないですが、 今回レビューを行うのは初期に発表されたものではなく、現在の構成・価格の X100e。
といっても、デュアルコア X100eの販売が先日終了(2月17日)してしまった為、 現在はシングルコアのみのX100eしか入手する事が出来ないのですが、 X100eは発表当時のものとは仕様やカスタマイズ性が大きく変化したという事、 また、次期の製品が出る前に同サイズのEdge 11”との比較記事を簡単にまとめておきたいと考え、今回の再レビューに至ります。
Edge 11”と X100e ではデザイン等は異なりますが、色々と共通点の多いノートPCです。
Thinkpadで最小サイズ(11.6型)の製品の購入を考えた場合、 これら2つのモデルを比較検討される方も少なくないのではないかと思います。
ちなみに、最初に本音をいってしまうと私が記事上でお勧めしているのは現時点では Edge 11”。
(→ Thinkpad Edge 11”の詳細
これまではAMDモデルを選択したい場合は、X100eなどという考え方も出来ましたが、 つい先日Edge 11”にAMDプロセッサのモデルが追加された事より、 AMDベースのモデルが欲しいから X100e を選ぶと言う選択肢もなくなりました。
ですので、今のところは Edge 11”の方が自分にとっては魅力的であり、
X100eは時期モデルに期待しようと考えていたのですが・・
タイトルでも軽く触れていますが、海外では既に発表・発売なども決まっている X100eの後継モデル Thinkpad X120e、日本でも発表は秒読みかと思われたのですが、 先日公式に、Edge 11”を販売している国ではX120eの発表はないという アナウンスがあり・・ 発表はいつかとかなり期待していただけに、やや落胆しています。 (X120eについては、また後の記事で簡単に触れる予定です)
というわけで、Edge 11”とX100eの両モデルの比較です。

このページのトップへ

Edge 11”とX100e 外観比較

まず最初に、Edge 11”とX100eの筺体を比較してみます。
X100eとEdge 11”の天板
左側Edge 11”、右側がX100e。
サイズは同じですが、デザインは微妙に異なります。
Edgeには光沢天板のモデルもラインアップされていますが、自分的に光沢天板は余り好きではありません。
このページのトップへ
X100eとEdge 11”の左側面
X100eとEdge 11”の左側面のインターフェース。
内容がやや異なります。
X100e は、USB2.0×2、LAN、ヘッドフォンとマイクのコンボジャック、
Edge 11”はセキュリティケーブルのスロット、HDMI、USB2.0、LAN、ヘッドフォンとマイクのコンボジャック。
このページのトップへ
X100eとEdge 11”の前面
両モデルとも前面には何もありません。
X100eは右側にインジケーターランプを備えます。
Edge 11”はインジケーターランプ自体がありません。
このページのトップへ
X100eとEdge 11”の右側面
X100eとEdge 11”の右側面のインターフェース。
こちらもやや内容が異なります。
X100e は4in1マルチメディアカードリーダー、Powered USB、セキュリティケーブルのスロット、
Edge 11”は4in1マルチメディアカードリーダー、Powered USB、USB2.0を搭載。
このページのトップへ
Edge 11”の背面
Edge 11”の背面。
バッテリーの左側には電源コネクター、右側にはVGA。
このページのトップへ
X100eの背面
こちらはX100eの背面。
背面はEdge 11”と同じで左に電源、右側にVGA。
このページのトップへ
X100eとEdge 11”
ディスプレイには、X100eもEdge 11”も11.6型HD液晶(1366×768)を搭載。
ですが写真のモデルはEdge 11”が光沢液晶、X100eが非光沢の液晶となります。
Edge 11”は発売当初は光沢液晶しか提供されていなかったのですが、現在は非光沢の液晶も提供されています。
このページのトップへ
X100eとEdge 11”のキーボード
X100eとEdge 11”のキーボード比較。
このページのトップへ
Edge 11”のキーボード
こちらはEdge 11”のキーボード。
このページのトップへ
X100eのキーボード
X100eのキーボード。
Edge 11”と同じアイソレーションタイプのキーボードで、配列も同じように見えます。
ですがキーボードに関しては機能や動作が Edge 11”と X100e では異なっており、 例えば X100e ではファンクションキーの機能は一般的なノートPCと同じように、 単独でファンクションキーを押すとファンクションキー本来の機能が動作しますが、 Edge 11”はデフォルトの状態では輝度の調整や無線LANのオンオフといった、 よく使用される機能が動作するように設定されています。
また、キーボードの印字なども両モデルでは異なるなど、他にも幾つかの違いがあるのですが、 これらの違いは、Edge 11”と X100e のコンセプトの違いによるものが大きく影響しているようです。
両シリーズとも一応Thinkpadですので、ビジネス向けのモデルではありますが、 細かく見ると Edge 11”はコンシューマー寄りのモデル、 X100eはビジネスシーンでの利用を想定したモデル・・といったコンセプトで設計されている事がわかります。
このページのトップへ

Edge 11”とX100e パフォーマンスは?

Edge 11”とX100eのパフォーマンスを簡単に見てみます。
性能は選択する構成によっても異なるので、参考程度に見ていただければと思います。
まずは今回比較する、Thinkpad X100e と Edge 11”の構成です。
■Thinkpad X100e(2010年6月発表/287659)の構成

OS   Windows 7 Home Premium 32bit版
プロセッサ  Athlon Neo X2 L335 (1.6GHz/2次キャッシュ 512KB)
チップセット  AMD M780Gチップセット
グラフィックス  Radeon HD 3200(チップセット内蔵)
ディスプレイ  11.6HD(1366×768)、LEDバックライト付、光沢なし
メモリ  2GB(最大4GB)
HDD  320GB HDD(5400rpm)
ワイヤレス  Centrino Advanced-N + WiMAX 6250、Bluetooth
バッテリー  6セル
重量  約1.5kg(6セル搭載時)
上記の構成は、昨年(2010年)の6月頃に発表されたAMDのデュアルコアCPUを搭載したモデルのもの。
現在はデュアルコアモデルは販売されておらず(つい先日販売が終了)、
現行モデルはシングルコアCPUを搭載したモデルのみとなります。
ですので、比較に用いるには微妙なモデルではあるのですが、 今回は Core i3を搭載したややパフォーマンスの高い Edge 11”との比較ですので、 あえてデュアルコアの X100e を用いました。
現行の X100e に関しては、今回掲載する X100e のパフォーマンスよりも、 ややプロセッサのパフォーマンスが落ちると考えてもらえば良いと思います。
このページのトップへ
次に、Thinkpad Edge 11”の構成です。
■Thinkpad Edge 11”の構成

OS  Windows 7 Professional 64bit版
プロセッサ  Core i3-380UM (1.33GHz/3次キャッシュ 3MB)
チップセット  HM55 Expressチップセット
グラフィックス  HD グラフィックス(CPU内蔵)
ディスプレイ  11.6HD(1366×768)、LEDバックライト付、光沢あり
メモリ  2GB(最大4GB)
HDD  250GB HDD(5400rpm)
ワイヤレス  ThinkPad IEEE 802.11b/g/n
バッテリー  6セル
重量  約1.5kg(6セル搭載時)
Edge 11”は以前にもレビューを掲載しましたが、
こちらはインテルのCore i3を搭載する、ハイパフォーマンスモデル。
自分が今、実際に使っているマシンの一つです。
現在では、インテルCPUの Edge 11”はこのCore i3搭載モデルのみしか提供されていないので、 パフォーマンスに関しては高いも低いもないのですが、実際の使用感はかなり快適です。
というわけで以下、上記2モデルの性能比較です。
このページのトップへ
■ Windows エクスペリエンス・インデックス
X100eのエクスペリエンス・インデックス
上記は、Thinkpad X100e のエクスペリエンス・インデックススコア。
このページのトップへ
Edge 11”のエクスペリエンス・インデックス
こちらは Edge 11”のエクスペリエンス・インデックススコア。
このページのトップへ
これらのモデルのスコアを表で比較してみます。
Windows エクスペリエンス・インデックスThinkpad Edge 11”ThinkPad X100e(デュアルコア)
プロセッサ4.14.1
メモリ4.75.2
グラフィックス3.33.4
ゲーム用グラフィックス4.64.7
プライマリ ハードディスク5.95.6
各スコアで若干の差はあるにせよ、 エクスペリエンス・インデックスのスコアを見る限りでは似たような感じのパフォーマンスです。
このページのトップへ
■ CrystalMark 2004R3
X100eの CrystalMark 2004R3 スコア
Thinkpad X100e の CrystalMark 2004R3 のスコア。
このページのトップへ
Edge 11”の CrystalMark 2004R3 スコア
そして Edge 11”の CrystalMark 2004R3 のスコア。
このページのトップへ
以下、比較表です。
CrystalMark 2004R3Thinkpad Edge 11”ThinkPad X100e(デュアルコア)
Mark6151953402
ALU1662611978
FPU1651011591
MEM121939215
HDD87418181
GDI54823529
D2D8482006
OGL11196902
Mark (各ベンチマークの合計)
ALU (プロセッサの整数演算速度)
FPU (プロセッサの浮動小数点演算速度)
MEM (メモリ)
HDD (ハードディスク)
GDI (2D)
D2D (2D)
OGL (3D)
エクスペリエンス・インデックスの結果とやや違う感じのスコアですが、 この CrystalMark 2004R3 の数値を見る限りでは、Edge 11”の方がややプロセッサやHDDのパフォーマンスが上で、 3D性能に関しては X100e の方が高い傾向にあるようです。
AMDの内蔵グラフィックスは、インテルの同等の内蔵グラフィックスと比較して グラフィックスパフォーマンスがやや高めだという長所がありますので、 そういった部分がスコアに表れているのかもしれません。
ですが、上記2つのモデルを実際に触ってみた自分の感触としては、スコアの傾向とは違って Edge 11”の方が圧倒的に起動終了などが高速で、アプリケーション使用時のパフォーマンスも高いと感じます。
ですので、Edge 11”の方がX100eよりも使いやすいモデルだと自分は考えているのですが、 Edge 11”の方がおすすめだという理由はそれだけではありません。
 

・・とまあ、色々と述べたい事はあるのですが、
今は存在しない構成のモデル(X100e)関連の話についてあれこれ言っても仕方がありません。
というわけで、次の記事では現在販売されているモデルについて色々と述べてみます。
日本では発表予定がないという X120e についても簡単に触れてみたいと思いますので、
興味をお持ちの方は次記事もご覧下さい。
2011.02.25 Friday | Lenovo(レノボ) Thinkpad | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
コメント
コメントする:











※コメントはすぐには表示されません。管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://touchpc.ykr.main.jp/trackback/150
※サイトや記事の内容と関連性が低い、
また管理人が適当ではないと判断したものについては削除させて頂きます。ご了承下さい。
新着記事
最近追加したレビュー
カテゴリ
コメント
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/10)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/07)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/06)
  • Thinkpad T61のまとめ
    TouchPC! (11/08)
  • Thinkpad T61のまとめ
    Takayuki-Tokushima (11/08)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    TouchPC! (02/22)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    mt (02/22)
アーカイブ
QRコード
qrcode
その他

Copyright © 2009 - TouchPC!. All Rights Reserved.