HP Pavilion dv7-6100をレビュー 17.3型高性能ノートPCの使用感と性能・機能をチェック

dv7-6100 の写真
HPのノートPC夏モデル「 HP Pavilion dv7-6100 」のレビューです。
今回は、ENVY17に並ぶHPの大画面&高性能ノートPCの使用感や性能・機能など、マシンの詳細に触れてみたいと思います。
元々このdv7は、ENVYが登場する前は最上級モデルだったシリーズで、 今はその座をENVYシリーズに譲る形となりましたが、ENVYの登場によって製品のコンセプトが変わったわけではなく、 引き続き幅広いスペックと優れたコストパフォーマンスの製品を提供しています。
HPの個人向け製品にあまり詳しくない方にはわかり難いのではないかと思うのですが、 ENVYがブランド性に拘った高性能モデルであるのに対し、 dv7は純粋にハイパフォーマンスなノートPCを求める方に適しており、 同じ17.3型でパフォーマンスの高いモデルといっても利用対象となるユーザーは異なります。
ちなみにパフォーマンスで考えると、 若干ENVY17(ENVY17-2100)の方がカスタマイズオプションにハイスペックなパーツが提供されているのですが、 カスタマイズの幅はdv7-6100の方が広く、バッテリー駆動時間も長いなど、 私的にはdv7の方がより実用的な製品だと考えています。
というわけで、今回はその dv7-6100 の内容を詳しく見ていきたいと思います。
(→ HP Pavilion dv7-6b00 の製品詳細 (dv7-6100の後継です))

このページのトップへ

HP Pavilion dv7-6100 外観・デザインについて

まず最初に、HP Pavilion dv7-6100のデザインや搭載されているインターフェースの内容を確認してみます。
dv7-6100 の天板全体
dv7-6100  天板全体
dv7-6100 の天板。 HPのマシンにはよくある、アルミにアルマイト処理&ヘアライン加工を施した天板を採用しています。 しかし今回のモデルの天板は金属・・よりは木製のように見えます。
このページのトップへ
dv7-6100  左側のインターフェース
dv7-6100  右側のインターフェース
dv7-6100 の左側のインターフェースの内容は、 VGAポート、HDMIポート、LANポート、USB3.0ポートが2基、マイク入力、ヘッドフォン出力ポートが2基。
そして右側面のインターフェースは、USB2.0ポートが2基、ブルーレイディスクドライブ、電源コネクター。 セキュリティスロット。
このページのトップへ
dv7-6100  前面に搭載のスピーカーなど
dv7-6100  スピーカー
筐体の前面・左右には、Beats Audio対応のスピーカー、
2in1メディアスロットなども搭載しています。
このページのトップへ
dv7-6100  背面側の様子
dv7-6100  背面側の様子
背面側に端子はありません。
中央にヒューレットパッカードの文字が印字されています。
このページのトップへ
dv7-6100の写真
液晶は、17.3インチHD+(1,600×900ドット)。
このモデルには光沢液晶が搭載されています。
なお、一つ前のモデル dv7-6000では1,600×900ドットの光沢液晶しか選択できなかったのですが、 夏モデルからはフルHD(1,920×1,080ドット)の非光沢液晶も選択できるようになりました。
17.3インチですので、フルHDを選びたいという方は結構多いと思います。
このページのトップへ
dv7-6100  キーボード全体の様子
キーボード左半分
キーボード右半分
キーボード。
アイソレーションタイプで、今回は英字キーボードです。
勿論日本語配列のキーボードも選択可能。
右側には4列のテンキーを搭載しています。
一応僅かにではありますが、テンキーと通常キーの間の幅は他よりも広いようです。
テンキーと通常キーの間に、ある程度のスペースや仕切りのようなものがないと打ち間違いを起こしやすいので、 もう少し間が空いていればと思ったりします。
キー自体は英字キーボードの配列に慣れてさえいれば、普通に打ちやすいと思います。
このページのトップへ
分離型のタッチパッド
前モデルからですが、dv7-6100には分離型のタッチパッド(ボタンとパッドが別になっている)が搭載されています。
HPの個人向けノートPCというと、もう一体型のタッチパッドが定番(一部を除き)でしたが、 今年の春頃から傾向が変わり始めたようです。
使いやすいかどうかというと、まだ使いやすいといえるものでもないと思うのですが、 従来の一体型タッチパッドに比べると雲泥の差。 今後もこの仕様が続けば良いと思います。
とはいえ、このモデルはモバイルできるようなPCではない為、マウスを使われる方も多いと思います。 ですので、タッチパッドを使わない場合は誤操作を防ぐ為にタッチパッドの機能自体をオフにしておくと良いでしょう。 (オンオフボタンはタッチパッド上・・左上に搭載)
このページのトップへ
dv7-6100  底面全体の様子
サブウーファー
dv7-6100の底面端には、HP Triple Bass Reflex Subwooferが搭載されています。
このページのトップへ
dv7-6100 のバッテリー
dv7-6100  底面内部の様子
底面内部の様子です。
見ての通り、dv7-6100はHDDベイが2基搭載されています。
今回のモデルにはSSDとHDDを搭載。
このページのトップへ

HP Pavilion dv7-6100 パフォーマンスは?

次に、dv7-6100の性能面について触れてみます。
以下は、今回掲載しているdv7-6100の主な構成と、ベンチマークの結果です。
dv7-6100 CPU-Zの内容
このページのトップへ
このページのトップへ
このページのトップへ
■HP Pavilion dv7-6100 の主な構成

OS    Windows 7 Professional 64bit版
プロセッサ    Core i7-2820QM (2.3GHz)
チップセット    HM65
グラフィックス    Radeon HD 6770(VRAM:2GB)
ディスプレイ    17.3インチHD+(1,600×900ドット)、光沢液晶
メモリ    8GB(4GB×2)
HDD    160GB SSD & 500GB HDD(7200rpm)
光学ドライブ    ブルーレイディスクドライブ(記録対応)
ワイヤレス    IEEE802.11b/g/n/Bluetooth 3.0
バッテリー    6セル(バッテリー駆動時間:約5.25時間)
本体サイズ(幅×奥行×高)    416×275×31.5〜40.5mm
本体重量    約3.07kg
カラー    ダークアンバー
dv7-6100で提供されている構成の中では、比較的ハイスペックな内容です。
この構成で製品価格は¥162,645(税込/8月4日時点)。
上の方にも記載していますが、ディスプレイはフルHD(1,920×1,080)の非光沢液晶も選択可能です。
この dv7-6100 の最小構成モデルが5万円台で購入できる事を考えると、上記構成はやや高価に思えますが、 自分的には逆にこれだけの内容でこの価格を実現できているのは、 HPならではのコストパフォーマンスだと思います。
SSDが搭載されていますので、通常使用においてのパフォーマンスに不足はないと思います。
このページのトップへ
というわけで実際のパフォーマンスについて見てみたいと思います。
■ エクスペリエンス・インデックス
dv7-6100  エクスペリエンス・インデックス
プロセッサ = 7.5
メモリ = 7.6
グラフィックス = 6.9
ゲーム用グラフィックス = 6.9
プライマリ ハードディスク = 7.7
基本となる最も低いスコアでも6.9。
プロセッサやメモリ、プライマリ ハードディスクにおいては全て7を越えています。
実際の速度も非常に快適です。
全体的にスペックが高いという理由もありますが、 プライマリ ハードディスクにSSDが設定されているのが大きいと思います。
今の所SSDはまだまだ高価ですので、SSDのみだとあまり容量を大きく出来ないですが、 このモデルには500GBのHDDも搭載されており、容量を気にする必要もありません。
なお、HDDにおいても7200回転のものを搭載していますので、SSDが搭載されていなくてもそれなりにパフォーマンスは良いと思います。
このページのトップへ
■ CrystalDiskMark
dv7-6100  CrystalDiskMark
Seq Read = 252.1、Write = 105.3

512K Read = 185.2、Write = 106.6

4K Read = 19.71、Write = 36.56

4K QD=32 Read = 163.2、Write = 96.29
SSDのパフォーマンスです。
読み書きともに高速なスコアが出ました。
このページのトップへ
■ CrystalMark 2004R3
dv7-6100  CrystalMark 2004R3
Mark (各ベンチマークの合計) = 242463
ALU (プロセッサの整数演算速度) = 65802
FPU (プロセッサの浮動小数点演算速度) = 57299
MEM (メモリ) = 46864
HDD (ハードディスク) = 28455
GDI (2D) = 16967
D2D (2D) = 3707
OGL (3D) = 23369
このページのトップへ
■ 3DMark06
dv7-6100  3DMark06
3DMark score = 11815
SM 2.0 Score = 4008
SM 3.0 Score = 5220
CPU Score = 5479
3Dパフォーマンスもかなり高いです。
このページのトップへ
■ BIOHAZARD
dv7-6100  BIOHAZARD
平均fps 78.7 RANK A
このページのトップへ
■ FINAL FANTASY XIV
dv7-6100  FF14 LOW
dv7-6100  FF14 HIGH
LOW 2538 HIGH 1370
処理性能を必要とするFF14も、低解像度であれば普通に出来そうです。
何よりノートPCで、16万前後という価格でこれだけのパフォーマンスが出れば十分だと思います。
このページのトップへ

HP Pavilion dv7-6100 ファンクションキーの機能やスイッチャブルグラフィックスなど

最後に、機能的な事について少し触れたいと思います。
このdv7に限った事ではありませんが、 dv7-6100に搭載されているキーボード最上段のFキー(ファンクションキー)には、 デフォルトで音量やミュート、輝度の調整といった機能が搭載されており、 本来のファンクションキーの機能(ページの更新や全角半角の切替など)を使用するには 「Fn+ファンクションキー」といった組み合わせでキーを押す必要があります。
ミュートや輝度の調整は比較的使用頻度が高い機能ですので、 それらの機能がFキーを押すだけで即使えるのは便利ではあるのですが、 本来のFキーの機能を頻繁に使うユーザーにはやや不便です。 (仕事で文書などを作成していると、ファンクションキーは結構頻繁に使うと思います)
そういった場合でも、BIOSの設定を変更する事で、 デフォルトで本来のFキーの機能が動作するようにする事が可能です。
このページのトップへ
dv7-6100  Startup Menu
まず最初にdv7-6100を起動させ、OSの読み込みが始まる前の画面で「F10」ボタンを押します。
上の写真は、dv7-6100のスタートアップメニューで、BIOSのセットアップの他、 ブートデバイスオプションやシステムのリカバリーなども、 表示されているFキーを押す事で行なう事ができます。
このページのトップへ
BIOS
F10を押すとBIOSの設定画面が表示されるので、→キーで「System Configuration」まで移動します。
System Configurationまで移動したら、今度は↓キーで「Action Keys Mode」まで移動、 その項目に表示されている「Enabled」という値を「Disabled」に変更します。
値の変更は「F6」や「F5」を押す事で行なえます。
このページのトップへ
変更後は「F10」で設定内容を保存し、BIOSを終了。
OSを起動したら、ファンクションキーの機能が本来の機能に変更されているはずです。
ちなみに、デフォルトで割り当てられていた輝度の調整やミュートといった機能は、 Fnキーとの組み合わせで動作するようになります。
もしもまた、Fキーの機能に輝度の調整やミュートといった機能をデフォルトで割り当てたい場合は、 BIOSから変更する事が可能です。
このページのトップへ
話はかわり、今度はスイッチャブルグラフィックス機能について。
dv7-6100  グラフィックスの切替設定
dv7-6100には、スイッチャブルグラフィックスというGPU切替機能が搭載されています。
この機能は、マシンに搭載されている外部GPUと内蔵GPUの切替が行なえるというもので、 高い処理性能が必要な時には外部GPU、電力消費を抑えてバッテリー等を節約したい時には内蔵GPU・・といった具合に、 利用するGPUを切り替える事が出来ます。
今回のdv7-6100に搭載されているスイッチャブルグラフィックスは、手動でGPUを切り替えるタイプで、 上写真のようなグラフィックスの設定画面より、アクティブなGPUを設定する事が出来ます。
このページのトップへ
それがパフォーマンスにどう影響するのか、という事についてですが・・
dv7-6100  外部GPU有効時のエクスペリエンス・インデックス
上は、外部GPU有効時のエクスペリエンス・インデックスのスコア。
このページのトップへ
dv7-6100  外部GPU無効時のエクスペリエンス・インデックス
そしてこちらは、先程の設定画面より外部GPUをオフにした場合にエクスペリエンス・インデックスのスコア。
殆ど変わらないように見えますが、外部GPU駆動時はグラフィックスやゲーム用グラフィックスが6.9だったのに対し、 外部GPU無効時はそれらのスコアは6.3。
3Dパフォーマンスに差が出ています。
このページのトップへ
元々、第2世代Core iに搭載の内蔵グラフィックスはパフォーマンスが高いので、 外部GPUなしでも結構性能は良いのですが、やはり外部GPUがあるのとないのとでは、 処理性能が必要な作業を行なう際などにパフォーマンスに差が出ます。
ちなみに、デフォルトでは外部GPUは有効となっていますので、 特に何も設定しなくてもパフォーマンスの高い状態でマシンを使用することが出来ます。 分からない方は触らなくても良いでしょう。
 

マシンの全体の感触としては、やはりコストパフォーマンスの良さが前面に押し出されている感じです。
性能面だけでなく、ブルーレイディスクドライブ(オプション)の搭載やクアッドスピーカーを搭載、 またフルHDの液晶などもオプションで提供するなど、 エンターテインメント性なども重視した製品です。
今回のモデルはかなりハイスペックな構成ですので、約16万強と安価ではありませんが(内容を考慮するとかなり安価ですが)、 最小構成モデルはCore i5-2410M(2.30GHz)/Radeon HD 6490M/320GB HDD/DVDスーパーマルチドライブ・・といった内容で、 ¥56,700(税込/8月6日時点)という価格。
外部GPUが標準搭載ですし、この内容でこの価格は非常に安価です。
(最小構成といってもそれなりにパフォーマンスは良いです。また実際にそういった用途で購入される方も多いよう)
ハイスペックなノートではなく、単に映画や音楽を聴く大画面ノートが欲しい・・という方でも気軽に購入できる内容ですので、 パフォーマンスの高いノートはもちろん、そういった用途に使われるマシンの購入を検討されているという方は、 チェックされてみてはいかがでしょうか。
 

dv7-6100については以上となります。
次回の記事については、まだどのモデルを取り上げようかはっきりと決めていないのですが、 レノボ製品、若しくはマウスコンピューターのLuvBook Dシリーズを掲載する予定です。
宜しければ、是非次の記事にも目を通してみてください。
→ HP Pavilion dv7-6b00 の製品詳細 (dv7-6100の後継です)
2011.08.06 Saturday | hp(ヒューレット・パッカード) ノートブック | comments(4) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
コメント
2011/09/19 3:10 AM, ケンヤ wrote:
初めまして、ケンヤと申します。

書かれてから少し時間が経った記事にコメントして申し訳ございません。
こちらのサイトを見てHPのdv7に興味を持ちました。
そして、SSDキャンペーン・モデルの販売再開を待ち、購入に至りました。
こちらのサイトは、写真が多く、エクスペリエンス・インデックスについても掲載されていたのでとても参考になりました。
ビックカメラ店頭までdv7を見に行ったとき、エクスペリエンス・インデックスのグラフィックスのスコアが5.9であったため、「あれ?AMD Radeo HD 6770Mを搭載している割になんか低いな?」と思っていたのですが、こちらのサイトを見て、外部GPUをオンにすればもっと高いスコアになることを見て安心しました。
おかげさまで良いPCを買えたと満足しております。
どうもありがとうございます。

ただ、問題が1つあります。
それは、どうやって外部GPUをオンにすればいいのかわからないということです。
デスクトップで右クリック→グラフィックプロパティと進めばCatalyst Controll Centerが表示できるのですが、そこからどうすればオプティマス機能の画面に進めるのかがわかりません。
Catalyst Controll Centerの画面から、電力(左部)→切り替え可能なグラフィックと進むと、特定のプログラムについて、外部GPUをオンにすることはできます。
しかし、常にACアダプタと接続して使用するので、すべてのプログラムに対して外部GPUをオンにしたいと思っています。
他に調べた、あるサイトの掲示板では、BIOSから外部GPUをオンにしていましたが、このレビューでの方法の方が簡単だと思いますので、外部GPUに切り替える方法を教えていただきたいと思います。

このサイトはメーカーのサポートサイトではないことは承知ですが、是非touchPC!様のお力を貸していただきたく、お願いします。
2011/09/19 1:41 PM, TouchPC! wrote:
ケンヤ様

はじめまして、管理人のtouchPC!です。
ご丁寧なコメントを頂き、本当に有難うございます。
少しでも記事がお役に立てたようで、嬉しい限りです。

外部GPUの件で問題があるとの事ですが、
少し前〜現行のdv7では、Catalyst Controll Centerのグラフィックスの切り替え画面は、
上に掲載してある画面とは異なっているようです。
(なぜ、使い勝手の悪い仕様に変更となったのかがわかりません)

少し前までのdv7では、外部GPUのオンオフを明確に行なう事が出来たのですが、
現在の切替画面からはプログラム単位でのGPU切り替えしか行なえず・・

上記に掲載のCatalyst Controll Centerのグラフィックスの切り替えは、
BIOSのバージョンを更新する事によって同じ設定画面を使う事ができるようになると思います。

ですので今の所、仰る状態にするのであればBIOSの更新を行なうしかないと思うのですが、
不具合が出たとの声もあるようですので、される場合は自己責任の下、行っていただきますようお願いいたします。

ttp://h10025.www1.hp.com/ewfrf/wc/product?product=5117964&lc=ja&cc=jp&dlc=ja&task=&lang=ja&cc=jp

ケンヤ様がお探しの解決法を提供できなく、申し訳ございません。
もし今後、別の解決法等が分かりましたら記事にしようと思います。

今後とも宜しくお願い申し上げます。
2011/09/19 2:55 PM, ケンヤ wrote:
TouchPC!様

迅速かつご丁寧に回答していただきありがとうございます。

Catalyst Controll Centerの仕様が異なっていたのですね。
お持ちでない現行のdv7の仕様までご存じなのだったことに、感激致しました。
TouchPC!様が悪いわけではないので、お気になさらないでください。
不具合が出る可能性があるということで、BIOSの更新はちょっと保留しようと思います。

今回はどうもありがとうございました。
2011/09/19 8:43 PM, TouchPC! wrote:
ケンヤ様

度々のご丁寧なコメント、誠に有難うございます。

現行のCatalyst Controll Centerに関しては自分も疑問があるので、
また機会があれば尋ねるなり何なりで調べてみようと思います。
もしも解決法等わかりましたらまた記事にします。

こちらこそどうも有り難うございました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメントする:











※コメントはすぐには表示されません。管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://touchpc.ykr.main.jp/trackback/178
※サイトや記事の内容と関連性が低い、
また管理人が適当ではないと判断したものについては削除させて頂きます。ご了承下さい。
新着記事
最近追加したレビュー
カテゴリ
コメント
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/10)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/07)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/06)
  • Thinkpad T61のまとめ
    TouchPC! (11/08)
  • Thinkpad T61のまとめ
    Takayuki-Tokushima (11/08)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    TouchPC! (02/22)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    mt (02/22)
アーカイブ
QRコード
qrcode
その他

Copyright © 2009 - TouchPC!. All Rights Reserved.