HP ENVY14-3000 SPECTRE レビュー ガラスに包まれたプレミアムUltrabook

HP ENVY14-3000 SPECTRE
日本HPの第2弾となるUltrabook「 HP ENVY14-3000 SPECTRE 」のレビューです。
以前、Folio13-1000というHPのUltrabookを掲載しましたが、今回掲載のENVY14-3000 SPECTREはそちらのUltrabookとは全く毛色の異なる製品です。
パフォーマンス面も差がありますが、価格も倍ほどの差があります。
その分、中身はENVYならではの拘りが盛り込まれた内容となっており、 性能はもちろん機能面でも他のUltrabookとは違った個性的な製品に仕上げられています。
今回は、その ENVY14-3000 SPECTRE についての詳細を掲載したいと思います。
製品ページをお探しの方は→ ENVY14-3000 SPECTRE 公式ページicon

ENVY14-3000 SPECTRE ガラスに覆われた筐体の外観は・・?

まず最初は、ENVY14-3000 SPECTREの外観チェックです。

ENVY14-3000 SPECTREを正面から
ディスプレイには14.0インチワイドHD+(1,600×900)光沢液晶を搭載。
画面と液晶ベゼルがガラスで覆われたフラットなタイプのディスプレイで、 ラディエンス・ディスプレイとHPは呼んでいます。
Ultrabookにしては高解像度な液晶である事、 また液晶は14インチですが筐体サイズは13インチに抑えるなど個性的な内容です。

ENVY14-3000 SPECTREの左インターフェース

右インターフェース
インターフェースは左側面にMini Displayポート、HDMIポート LANポート(RJ45)、USB3.0ポート、USB2.0ポート、ヘッドフォン出力とマイク入力のコンボポート 2in1メディアスロットを搭載しています。
そして右側面にはミュートボタン、アナログ・ボリュームコントローラー、Beats Audio ソフトウェア起動ボタン、 電源コネクターを搭載。
Ultrabookとしてみると、端子類はかなり充実していると思います。
14インチのノートPCとしてみると、USBが2つと言うのはやや少なめかもしれません。
なお、筐体の右側面にはBeats Audio のボタンやボリュームコントローラーなど、ENVYならではの機能が 盛り込まれています。

Beats Audioのマーク
筐体前の方にもBeats Audioのマーク。

ENVY14-3000 SPECTREの背面部ロゴ
この背面ロゴは最近のHPのノートではおなじみです。

ENVY14-3000 SPECTREのトップパネル
このトップパネルにもガラスが使われています。
ただ、HP側によると、通常の透明なガラスではなく黒色のガラスを利用しているそう。
確かに、このノートPCのトップパネルの黒はとてもはっきりとした色味です。 上手く文章では言い表せませんが、透明感というか奥行感のない黒で不思議な雰囲気を持っています。
非常に美しいのですが、指紋が目立つのが欠点です。

ENVY14-3000 SPECTREのキーボード

左半分拡大

右半分拡大

キートップの形状はフラット
キーボードは英語版のみです。
配列やキーの形状などは、HPお馴染みのアイソレーションタイプ。
英語版キーボードは使った事がない、慣れないという方は要注意です。

キーの1つ1つにLEDライトが埋め込まれている
キーボードバックライトを搭載していますが、聞くところによると、 キーの一つ一つにLEDライトを使用しているのだとか。
そのため、キーボードバックライトをつけると一瞬で点灯するのではなく、 まるでグラデーションのような感じで段階的にゆっくりとライトが点灯します。

ENVY14-3000 SPECTREのイメージパッド
タッチパッドですが、HPではイメージパッドと呼んでいるそうです。 ここにもガラスが使われています。
使われているパッドは、お馴染みの一体型タッチパッドだと思います。(ガラスを被せているところ だけ異なりますが)触れてみた所、やはり操作性は良いとは思えなかったため、できればタッチパッドでは操作をせずマウスを利用したい所。

パームレストにもガラス
パームレストにもガラスが用いられています。
これだけの量のガラスを採用したノートPCは、市場全体でみてもこのENVY14-3000 SPECTRE位でしょう。 もちろん非常に強度の高いゴリラガラスなので、簡単に傷がついたり割れる事はないと思います。
見た目にとても綺麗なので、そういった部分に価値を感じる方には向くモデルだと思いますが、 先程も書いたとおり、指紋が目立つのでずっと使っていると指紋だらけになります。
ただ、これだけの量のガラスを使用していながら重量は約1.83kgと、何とか持ち運べる重さには抑えられており、 モバイルノートとしての実用性は十分あります。

キーボードの明かりを自動でオンオフする近接センサー
キーボードバックライトのオンオフを自動で行なう近接センサーを、液晶ベゼル上に設置しています。
ユーザーが近づくとキーボードバックライトが点灯、遠ざかるとキーボードバックライトが消灯・・ というように、状況に応じて自動でキーボードバックライトのオンオフを行う事ができます。 (もちろん、自動オンオフ機能自体をオフにしてしまう事も可能です)

ENVY14-3000 SPECTREの底面
底面はカバーは簡単に開く事ができます。
ただ、バッテリーはネジで止められており、ユーザーが自分でバッテリーを取り出すことが出来ないようになっています。
各パーツへのアクセスも簡単には出来ないようです。
※ちなみにこのモデルのメモリスロットは1つです。メモリは4GB。

スピーカー
底面の前面寄りの位置に、スピーカーが2基設けられています。
Beats Audio対応のスピーカーです。

ENVY14-3000 SPECTRE パフォーマンスはどの程度なのか

次に構成と簡単なパフォーマンスについて。
■HP ENVY14-3000 SPECTRE(量販店向け)の主な構成

OS     Windows 7 Home Premium SP1 64bit版
プロセッサ     Core i5-2467M(1.60GHz〜2.30GHz)
チップセット     HM65 Expressチップセット
グラフィックス     HD グラフィックス3000 (CPU内蔵グラフィックス)
メモリ     4GB(最大4GB)
ディスプレイ     14.0インチワイドHD+(1,600×900ドット)光沢
HDD     128GB SSD
ワイヤレス機能     IEEE802.11 a/b/g/n
Bluetooth     Bluetooth 3.0
バッテリー     4セルで駆動時間は約9.5時間
本体サイズ(幅×奥行×高)     327×221×20〜23(mm)
本体重量     約1.83kg
付属     Adobe Photoshop Elements 10、Adobe Premiere Elements 10
掲載しているモデルの構成は量販店向けのものとなります。
上に記載の構成で、価格は12万円台前半から13万円台半ば程度。
やはりFolio13と比べると高めな価格ではありますが、ENVYならではの特徴としてAdobe Photoshopといった クリエイティブ系のソフトウェアが標準で搭載されているため、マシン自体の純粋な価格だとはいえないかもしれません。
ソフトウェアが要るか要らないかは別として、Adobeのソフトを普通に購入してインストールした場合を考えれば安いです。
なお、上位構成を持つHP Directplusモデルにおいては、Core i7-2677M、 4GBメモリ、256GB SSD(128GB SSD×2)といった内容で¥159,810(税込)。
ちょっと気軽に購入できる価格ではありませんが、製品のコンセプトがはっきりしているので、 無理な人は無理、好む人は好んで購入する、という好みが両極端に分かれるモデルだと思います。

■ エクスペリエンス・インデックス
プロセッサ = 6.3
メモリ = 7.2
グラフィックス = 4.7
ゲーム用グラフィックス = 6.2
プライマリ ハードディスク = 7.4
上記は下位構成の量販店モデルのスコアです。
見ての通り、性能は下位モデルでも良いことがわかります。
SSDを搭載しているため、ディスクのスコアもかなり高く、高い負荷をかけない限り PCでの作業にストレスを感じる事はないでしょう。 (といっても、標準で画像や動画編集のソフトウェアが搭載されているくらいですから、性能が良いのは当然かもしれません)
ただ、CPUが低電圧なので、Core i5でも標準電圧版のCPUのようにパフォーマンスが高いわけではなく、 製品価格を考えるとその辺が若干不満と言う所でしょうか。(良いのですが、もう少し高くても・・と思ってしまいます)
まあ、Ultrabookはどれも低電圧版のCPUを搭載しており、似たようなものですので、 ENVY14-3000 SPECTREの性能が云々というよりも、個人的にUltrabookの仕様と価格設定があまり気に入っていないのかもしれません。
実際の使用感はとても快適です。

ENVY14-3000 SPECTRE HP製ソフトウェアの内容

最後に、ENVY14-3000 SPECTREに標準で搭載されているHP製のソフトウェアを簡単にチェックしてみます。

HP独自のソフトウェアは?
HP製のソフトウェアは上の通り。
Proximity Sensorは近接センサーの設定を行なうソフトウェア、 Touch to Shareは、スマートフォンとコンテンツの共有を行なうソフトウェア、 Wireless Audio Managerはワイヤレススピーカ等の機器のネットワークを管理するソフトウェアとなります。
その他、マニュアルや電源管理等も搭載されていますが、 特に目新しいものは見当たりません。

アナログ・ボリュームコントローラーやBeats Audio起動ボタンを拡大
あと、マシン側面にあるBeats Audio起動ボタンを押すと・・

Beats Audioソフトウェア
Beats Audioソフトウェアが起動します。
このソフトウェアは、再生している音源をイコライジングする機能を持ちます。
万人に必要な機能ではないのですが、 音に拘る方であればあると便利な機能ではないかと思います。
手の届きやすい側面にこのようなBeats Audio起動ボタンが搭載されていることからも、 ENVY14-3000 SPECTREは万人向けに作られたUltrabookではなく、 ある種の層向けのUltrabookだと言っても間違いではないでしょう。

ENVY14-3000 SPECTRE まとめ

ENVYシリーズは合わない人には合わないシリーズです。
今回のENVY14-3000 SPECTREはより一層その傾向が強い製品ですが、 筐体全体にガラスを使用したデザインは他の製品にはない美しさがあります。
なので、高性能なPCやUltrabookにあまり興味を持つ事のない女性の方にも、 ある意味受けそうなモデルではないかと思います。
ですがやはり適していると思われるのは一部のユーザーで、一般向けとしては高価です。 出来るだけ価格を抑えたUltrabookを・・と考えられている方には、Folio13-1000をおすすめします。
現在、Folio13-1000は価格改定によって6万円を切る価格で提供されるなど、 SSD搭載Ultrabookとしては業界でも最安ではないかと思われる内容となっており、 特にUltrabookという製品に拘っていない方にも魅力のあるモデルです。
なお、ENVY14-3000 SPECTREも無駄に高いわけではなく、 メインPCとしても使える構成内容となっている事、 さらにENVYには他のシリーズとは別に専用のサポートが設けられているなど、価格相応の内容を備えています。
Beats Audio関係の機能がやや凝っている事、 画像や動画編集のソフトウェアが標準で搭載されているなど、 人によっては無駄になるかもしれない機能の搭載はあります。
が、液晶も綺麗ですし使用感は決して悪くないので、デザイン等に気に入った部分があって製品を購入したのであれば、 比較的満足度の高い製品なのではないかと思います。
但し英語キーボードのみの提供となっているので、英語キーボードを使った事が無い方は注意が必要です。

【ENVY14-3000 SPECTRE のレビュー記事】
HP ENVY14-3000 SPECTRE レビュー ガラスに包まれたプレミアムUltrabook(現在の記事)
2012.04.24 Tuesday | hp(ヒューレット・パッカード) ノートブック | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
コメント
コメントする:











※コメントはすぐには表示されません。管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://touchpc.ykr.main.jp/trackback/226
※サイトや記事の内容と関連性が低い、
また管理人が適当ではないと判断したものについては削除させて頂きます。ご了承下さい。
新着記事
最近追加したレビュー
カテゴリ
コメント
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/10)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/07)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/06)
  • Thinkpad T61のまとめ
    TouchPC! (11/08)
  • Thinkpad T61のまとめ
    Takayuki-Tokushima (11/08)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    TouchPC! (02/22)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    mt (02/22)
アーカイブ
QRコード
qrcode
その他

Copyright © 2009 - TouchPC!. All Rights Reserved.