NEXTGEAR-NOTE i300に触れてみました G-tuneから登場したモバイル可能なゲームノート

NEXTGEAR-NOTE i300
この「 NEXTGEAR-NOTE i300 」は4月29日に発売開始されたG-tuneの新製品。
マウスでは初めての11.6インチのゲーム向けノートで、 CPUにはインテルの第3世代Core iの選択肢も提供されています。
最も下位のモデルはIvyではなく前世代のSandy Bridgeとなりますが、価格が69,930円(記事記載時点)と非常に安価。
11.6インチサイズのゲームPC・・というとデルのAlienware M11xが有名ですが、 Alienwareは結構高価な部類のゲームノートですし、11.6インチサイズのモデルは後継機種が出ないかもしれないとの話もあります。
そんな中で登場したNEXTGEAR-NOTE i300ですが、実際の感触は悪くありませんし、 この価格で手に入る11.6インチのゲームノートは非常に希少です。
そういうわけで今回は、 マウスコンピューターのモバイルゲームノート NEXTGEAR-NOTE i300 の使用感や特徴などを簡単に述べてみたいと思います。
製品ページは→ NEXTGEAR-NOTE i300の公式ページicon

11.6型サイズの筐体をチェック


正面写真
先の繰り返しになりますが、今回のNEXTGEAR-NOTE i300には11.6インチワイドHD(1,366×768ドット)の グレア液晶が採用されています。

ウェブカメラ
ウェブカメラは130万画素。

トップパネルの様子
カラーはダークブラウンで、トップパネルの表面は凸凹としたエンボス加工が施されており、 落ち着いた雰囲気のデザインとなっています。
トップパネル端の方にはG-Tuneのロゴ。
持ち歩くタイプのノートは指紋や埃がついたりすると目立つので、 このモデルのようなマットな素材を使用したものが個人的には好みです。

Optimusテクノロジーを搭載
勿論ゲーム向けマシンなのでディスクリート(外付)GPUを搭載していますが、 NVIDIA社のOptimusテクノロジーに対応しており、内蔵のGPUと外付けのGPUを状況に応じて切り替え利用できるように なっています。
GPU切替機能と一口にいっても、自動で勝手に切り替わるタイプ、また手動で切替えるタイプなどもありますが、 今回はそこまで細かい部分については確認していません。

左インターフェース

右インターフェース

正面左側に搭載のカードリーダー
NEXTGEAR-NOTE i300に搭載のインターフェースの内容は、 左右側面にはLANポート、VGA(D-sub)ポート、HDMIポート、 ヘッドフォン出力ポート、マイク入力ポート、USB3.0ポートが2基、ケンジントンロック、 USB2.0ポート、ACコネクターを搭載。
正面からみて左側には、電源等のインジケーターランプとカードリーダーを備えています。

キーボード

キートップの形状はは完全に平ら

カーソルキーがShiftと「ろ」のキーに挟まれているのは少し気になる
キーボードはキーはやや小さめです。(キーピッチ17mm、キーストローク2mm)
配列に特に変わったところは見受けられず、カーソル付近が詰まっていると感じるものの、 自分自身は特に打ち難いと感じる事はありませんでした。
操作において難はないですが、手の大きい方だと若干打ちにくさを感じる場合もあるかもしれません。
タッチパッドは分離型。
パッドは見た目に指が引っ掛かりそうな感じがするのですが、スルスル操作できます。

Core i7-3612QM搭載 NEXTGEAR-NOTE i300の構成と性能は

掲載のモデルはCore i7-3612QM(Ivy)を搭載した、ちょうど中間の構成にあたるマシン。
その他、第2世代のCPU Core i3を搭載した下位モデルや、 同じCore i7-3612QM搭載でメモリやストレージの構成が異なる上位モデルなども用意されています。
なお、GT650Mは標準搭載なのでどのモデルにも搭載されています。
■NEXTGEAR-NOTE i300SA1 の主な構成

OS     Windows 7 Home Premium (ディスク付属)
プロセッサ     Core i7-3612QM(2.10GHz〜3.10GHz)
チップセット     HM76 Expressチップセット
グラフィックス     GeForce GT650M (2GB)/HD グラフィックス 4000
メモリ     4GB(PC3-12800/最大16GB)
HDD     320GB HDD(5400rpm)
バッテリー駆動時間     約4時間
本体サイズ(幅×奥行×高/mm)     287×207×12.7〜37.1
本体重量     約1.8kg
このモデルの価格は記事記載時点で89,880円(税込)〜。
送料が ¥3,150かかるので、9万円弱とみると良いでしょう。
勿論BTOは可能です。
参考として下位モデルはCore i3-2350M、4GBメモリ、 GT650M、320GB HDD搭載で69,930円〜(なので7万円弱)。 下位モデルのCPUは最新の第3世代Core iではありませんが、標準電圧のCPUにディスクリートGPU搭載など、 軽いゲーム程度なら行なえる構成です。といっても下位モデルはゲーム向けと言うよりは、 高性能な携帯用ノートと言う位置づけの方が良いかもしれません。
最上位モデルは8GBメモリやSSDが搭載されていたりしますが、119,700円(なので12万円弱)とやや高価。 (といっても安いですが)
個人的にはメモリやSSDは自分で追加すれば・・という考えですが、 仮に今回の89,880円のモデルを購入して自分でメモリを8GBに、240GBのSSDを追加したとしたら、 多分11〜12万くらいにはなってしまいます。(その上手間がかかる&トラブルが起こる可能性もあり)
ゲーム目的で買うのであれば 今回掲載のモデルでも十分ですが、 上位モデルもコストパフォーマンスにはかなり優れていると思って良いでしょう。 メモリを更に追加したい場合は、自己責任となりますが自分で行なうと多少安く上がります。
なお、内部パーツの配置を確認したわけではないので、ひょっとすると容易にパーツの交換を行う事が出来ない構造かもしれません。これまでのモデルを考えると、 多分比較的簡単に出来るのではないかなとはおもいますが・・

■ エクスペリエンス・インデックス
上記のスコアは内蔵GPU利用時のスコア。
NEXTGEAR-NOTE i300はOptimus機能に対応しており、GPUを切替えて利用する事が出来るようになっています。
内蔵GPUでもIvyBridgeに内蔵されているものなので、結構スコアは高め。 外部GPU有効時のエクスペリエンス・インデックススコアは今回はありませんが、 上記のスコア以上にはなると思われます。
その他、ゲームのベンチスコアやCINEBENCHのスコアなども一応とってあるのですが、実行環境が不確かな為今回の記事には掲載しません。 今後、きちんとベンチマークを行なう機会を持つ事が出来ればまた掲載したいと思います。

余談ですが・・
あくまでも個人的な意見なのですが、先にあげたデルのAlienware M11xとNEXTGEAR-NOTE i300を比べると、 価格はNEXTGEAR-NOTE i300の方が断然安価です。ですが、デザイン性はAlienware M11xの方が上だと思います。
私の家族がAlienware M11xの以前のモデルを持っているのですが、 数色に光るキーボードのバックライトや、各所に設けられたAlienwareならではのロゴやマークなど、 デザインの凝り方が全然違います。
Alienwareは価格は高めでも、その価格に納得できるモデルではあります。
ゲーマーにはマシンにいかにもゲーミングPCらしいデザインを求める方もおられると思うので、 そういう方にはNEXTGEAR-NOTE i300は地味に感じられるかもしれません。
ですができるだけコストを抑えたい方は、このモデルは最適。
性能は上位モデルであればやや負荷高めのゲームでもそれなりに出来ますし、 モバイルできる携帯性の高さは、ゲーム用途以外にも役に立つはずです。
約1.8kgと、携帯するにはやや重めと思われる重量ではあるものの、 低価格と高性能とコンパクトサイズを両立したこのモデルは、 かなり期待できる製品ではないかと思います。

2012.05.11 Friday | マウスコンピューター | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
コメント
コメントする:











※コメントはすぐには表示されません。管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://touchpc.ykr.main.jp/trackback/228
※サイトや記事の内容と関連性が低い、
また管理人が適当ではないと判断したものについては削除させて頂きます。ご了承下さい。
新着記事
最近追加したレビュー
カテゴリ
コメント
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/10)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/07)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/06)
  • Thinkpad T61のまとめ
    TouchPC! (11/08)
  • Thinkpad T61のまとめ
    Takayuki-Tokushima (11/08)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    TouchPC! (02/22)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    mt (02/22)
アーカイブ
QRコード
qrcode
その他

Copyright © 2009 - TouchPC!. All Rights Reserved.