LuvBook S レビュー HDDを搭載した11.6インチの最上位モデルをチェック

LuvBook S
マウスコンピューターが販売する LuvBook S のHDDプレミアム構成モデルのレビューです。
LuvBook Sのレビューは以前にも掲載した事がありますが、 今回掲載のモデルは先日発売開始された別構成のモデル。
といっても、以前販売されていたSシリーズとアーキテクチャーは同じ。、 いわゆる「Sandy Bridge」の構成を持つモデルが、そのまま継続販売されています。
カラーも筐体も構成等も変わっていないのですが、 今回HDDを搭載したプレミアム構成(最上位構成)モデルに触れる機会があったので、 簡単にそのマシンのレビューを掲載したいと思います。
Sシリーズはモバイル向けの小さなノートでありながら、 標準電圧版のCPUを搭載する事でA4ノートにも匹敵するパフォーマンスを持っており、 かつ低価格です。
外出時も普段と同じようにノートPCで作業を行ないたい方や、 安く性能の良いサブノートをお探しの方など、製品に興味をお持ちの方は是非記事に目を通してみてください。
公式ページをお探しの方は→ LuvBook Sの詳細icon

LuvBook S 見た目をチェック

とりあえず、筐体のチェックを簡単にしてみます。

ブルーモデル
こちら、LuvBook Sのブルーモデル。
ヘアライン加工のアルミを使用したデザインです。

mousecomputerのロゴ。
こちら、シルバーモデル。
いずれのモデルにもトップパネルにはmousecomputerのロゴが入っています。
鏡のように反射する素材で出来ており、きれいです。

シルバー

レッド

ブルー
カラーは全部で3種。
この中では一番無難だと思われるシルバーモデルが良く売れているそうです。 確かに、ブルーとレッドはみる分にはきれいですけど、使う人を選びそうです。

LuvBook Sを正面から
LuvBook Sには11.6型ワイドの光沢液晶が搭載されています。解像度は1,366×768ドットと高め。 光沢液晶は個人的にはいまいちな点なのですが、解像度高めな部分は好みです。

LuvBook S 左

LuvBook S 右
左側のインターフェースはUSB2.0ポートが2基、USB3.0ポートが1基、マルチカードリーダー、 右側のインターフェースはマイク入力端子にヘッドフォン出力端子、VGAポート、LANポート、 ACコネクター、セキュリティスロット。
前面にはインジケーターランプ、背面には何もありません。

LuvBook S キーボード
キーボードはスクエアタイプで、キーピッチは約17.5mmと小さめ。
ストロークが2mmとそれなりにあるので打ちやすいですが、手が大きめな方だと若干窮屈かもしれません。
配列的に、カーソルキー付近の操作にやや難がありそうです。 といってもこういった配列のキーボードは少なくは無いのですが・・

タッチパッド
タッチパッドはパッドとボタンが別になった分離タイプ。
ボタンは若干硬さを感じますが使い難いほどではなく、まあまあ操作性に優れたタッチパッドだと思います。 特にパッドの表面の質感が良いです。

LuvBook S 底
パネルを外し、メンテナンスが行なえるようになっています。
こういう部分は結構重要です。
たいていの場合はカスタマイズでメモリ等を追加するより、自分で追加したほうが圧倒的に安く上がります。
ただ、マウスは多くのメーカーPCに比べるとそれ程カスタマイズ価格が高くは無く、 自分で買ってきて追加するよりも安く上がる場合や、さほど変わらない場合がありますので、 パーツの自己追加を考えている方は各パーツのカスタマイズ価格をチェックしたほうが良いです。

LuvBook S HDDプレミアム構成モデルの性能は?
今回記事にあげているモデルは、HDD構成の中では最上位にあたるプレミアム構成モデル。 CPUにCore i-2640Mやメモリ8GB、そして500GBのHDDという内容の構成を持つマシンです。
■LuvBook S (プレミアム構成)の主な構成

OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ Core i7-2640M(2.80GHz〜3.50GHz)
チップセット HM65 Expressチップセット
グラフィックス HD グラフィックス 3000
メモリ 4GB(PC3-10600 /最大8GB)
液晶 11.6型ワイド(1,366×768)光沢あり
HDD 500GB HDD(5,400rpm)
ワイヤレス機能 IEEE 802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth V3.0 + HS
バッテリー 内蔵リチウムイオンバッテリー、駆動時間約5.3時間
本体サイズ(幅×奥行×高/mm) 288×195×36
本体重量 約1.5kg
プレミアム構成の基本価格は69,930円(税込)〜。
HDDとはいえ、最上位モデルがこの価格はとても安いと思います。
メモリも最初から4GB載っていますし、ディスプレイが11.6インチである以外はA4サイズの スタンダードノートを想像させる内容です。
ただ、簡単な作業が出来れば良いという方には下位のモデルでも十分事足りるかもしれません。 HDD搭載モデルは最下位だと39,900円〜となっており、非常にお求め安いです。
ちなみに、SSDモデルも59,850円〜と安価です。 この価格は期間限定のようですが、標準でCore i5-2450M、8GBメモリ、120GBのSSDを搭載しており、 個人的にはHDDよりもSSDを搭載下モデルの方がお勧めだったりします。
HDDよりも容量面で劣りますが、 それ程容量は必要が無いという方はSSDモデルも要チェックです。

■ エクスペリエンス・インデックス
プロセッサ = 7.2
メモリ = 7.5
グラフィックス = 6.3
ゲーム用グラフィックス = 6.3
プライマリ ハードディスク = 5.9
モバイルノートとしては非常に高性能。
ソフトで画像編集など、少々負荷のかかる作業であっても普通に行なえると思います。


このモデルはA4ノート並のパワーを外出先でも・・というコンセプトで作られているため、 11.6インチのモバイルノートにしてはやや重めです。(約1.5kg)
ですがパワーがあり、しかもバッテリー駆動時間も長くは無いものの短くもありません。
何が何でも軽い方が良いという方、また外出先では多少遅くとも簡単な作業が出来れば良いという方は、 下位モデルが適していると思いますが、快適な作業環境を望む方にはより上位のモデルが良いでしょう。
特に速さを確実に体感できるという点で、SSDモデルがお勧めです。
なお、記事に記載の価格と仕様は2012年6月1日時点のものです。 製品の性質上、それらの情報は変化する可能性がありますので、製品購入時は公式サイトで価格と構成を必ずご確認下さい。

2012.06.01 Friday | マウスコンピューター | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
コメント
コメントする:











※コメントはすぐには表示されません。管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://touchpc.ykr.main.jp/trackback/232
※サイトや記事の内容と関連性が低い、
また管理人が適当ではないと判断したものについては削除させて頂きます。ご了承下さい。
新着記事
最近追加したレビュー
カテゴリ
コメント
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/10)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/07)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/06)
  • Thinkpad T61のまとめ
    TouchPC! (11/08)
  • Thinkpad T61のまとめ
    Takayuki-Tokushima (11/08)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    TouchPC! (02/22)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    mt (02/22)
アーカイブ
QRコード
qrcode
その他

Copyright © 2009 - TouchPC!. All Rights Reserved.