ThinkPad Edge E430実機レビュー Edgeの最新製品を使ってみました

ThinkPad Edge E430
レノボの新製品の1つ、ThinkPad Edge E430を早速使ってみたのでレビューを掲載します。
このEdge E430は、E420の後継モデル。 14インチの液晶を搭載するノートPCで、今回の製品にはインテルの最新CPUであるIvyBridgeが採用されています。
EdgeというとThinkPadシリーズの中では低価格帯の製品で、 低価格でありながらThinkPadの堅牢性や信頼性、操作性を持ち合わせているということで高い人気を誇ります。
従来のThinkPadユーザーからの批判はあるものの、 市場でもトップを争う安さと、価格の割りに内容が良い事から高い支持を得ています。
かくをいう私も、出始めのEdgeは余り好きではなかったのですが、 最近はカスタマイズの幅も広くデザインなどの様々な部分の質が向上した事により、 自分用のサブノートとして購入してみたり家族や知人にお勧めまでするようになってしまいました。
話を戻すと、今回のモデルにはハイエンドな Core i7-3612QMや、8GBメモリなどを搭載。
Edge E430では比較的性能の高い構成でありながらもカスタマイズを含めて8万円台、 クーポンを利用したとして大体7万円台程度の価格になるなど非常にコストパフォーマンスが高いです。 (大体と書いたのは、その時によってクーポンの割引率が違うから)
ですが実際の操作や性能は・・?という事で、 今回の記事ではそのようなEdge E430の感触などをお伝えしたいと思います。

ThinkPad Edge E430 まずは見た目をチェックしてみる

とりあえず、いつも通り外観の様子からチェックしていきます。

トップパネル
記事にあげているモデルは、ミッドナイトブラックのトップパネルを搭載したE430。 (この色が好みというわけではないのですが、前に掲載したEdge E520もミッドナイトブラックでした)
今回発売されたEdgeはミッドナイトブラックの他に、ヒートウェーブレッド、アルミ・ブラック、 アークティック・ブルーが存在します。
どのカラーも落ち着きのあるデザインで持ちやすいです。

Edge E430の左インターフェース

Edge E430の右インターフェース

Edge E430の前面

背面
Edge E430のインターフェースの内容は、筐体左側にセキュリティスロット、排気口、 VGAポート、USB2.0ポート、HDMIポート、USB3.0ポートが2基、 筐体右側にヘッドフォンとマイクのコンボ、Powered USBポートが1基、光学ドライブ、LANポート、 ACコネクターが並びます。
前面には右よりの方にカードスロットが、背面には排気口とバッテリー以外は何もありません。
このモデルではタッチパッドでなくマウスを利用する事も多いかと思いますが、 マウス操作時、ケーブルがさほど邪魔になる事のない使い易い端子の配置だと思います。

ロゴ

Edge E430全体
液晶サイズは1366×768ドットの14インチワイドHD非光沢パネル。
最新のEdgeには1600×900ドットの高解像度液晶も用意されるといわれているのですが、 高解像度な液晶が選べるのは15.6インチのE530で、E430は1366×768ドットのみ。
高解像度といっても、今となっては1600×900ドットが飛びぬけて高解像度かというとそうでもないと思います。 (最近は15.6でもフルHDを選べる所も多いですし)
なので14インチでも、1600×900ドット位の解像度を持つ液晶が選択できると尚良いと思いました。

180度までは開かない
ディスプレイは他のThinkPadのように180度までは開きません。上の写真までが限界です。 確かE420などでは完全にディスプレイを寝かせる事が出来たと思うのですが、ヒンジの構造が変わってしまったようです。
別に180度まで開かなくても良いと思うのですが、携帯時に膝の上に置いて液晶を見下ろして作業する場合などでは、 ディスプレイの可動性が高いと結構便利だったりします。

E430キーボード

キーボード左半分

キーボード右半分

キーは指にフィットするように設計されている
キーボードはアイソレーション型で、旧モデルと比較して大きな変化はありませんが、 カーソルキーの位置が他のキーよりもやや下側の配置になりました。
下に下がった分、カーソルキーのサイズが若干ですが大きくなっており、操作性が向上しています。
その他は以前と同じで、アイソレーション型のキーボードの中では操作しやすいです。 長時間文字を打ち続けていると特にそう思います。

ウルトラナビ
タッチパッドはボタン分離型から一体型に変わってしまいました。 これはEdgeに限った事ではなく、X230等のモデルでもそうなので仕方がない流れなのかもしれません。
個人的には前のタッチパッドに戻して欲しいですが・・
トラックポイントをお使いの方は特に気にならないと思います。
なお、今回のモデルには指紋センサーが搭載されていますが、指紋センサーは標準ではなく カスタマイズオプションで提供されているものです。安い金額でつけられるものなので、 Windowsにパスワードをかけて利用される方は選択されると良いのではと思います。

パームレストのThinkPad Edgeロゴ
パームレスト上には、製品ロゴがついています。
起動時、iの上にある点が赤く点灯します。EdgeはインジケーターLED等が無い為、 ここが唯一マシンの状態表示を行なう所となります。


ファンやCPU、ストレージ、無線LAN、メモリなど

内蔵バッテリー、16GBのマイクロSSD
従来通り、保守作業は自分で簡単に行う事ができます。 マニュアルには詳しいパーツの交換方法なども記載されています。 (ユーザーマニュアルはウェブ上でも公開されていますが、PC内にPDFとして保存されています)

E430 今回のモデルの構成とその特徴について
次にThinkPad Edge E430の構成と性能面ですが、 今回は簡単にその部分に触れたいと思います。 (届いたばかりで、ベンチマーク等をまだ全て終えていないため)
まず構成。
■ThinkPad Edge E430の主な構成

OS     Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ     Core i7-3612QM(2.1GHz〜3.1GHz)
チップセット     HM77 Expressチップセット
グラフィックス     HD グラフィックス 4000
メモリ     8GB(PC3-12800 /最大16GB)
液晶     14.0インチワイドHD(1,366×768)光沢なし
HDD     500GB HDD(7,200rpm)+16GB mSATAキャッシュ・ドライブ
光学ドライブ     DVDスーパーマルチドライブ
ワイヤレス機能     IEEE 802.11 b/g/n
バッテリー     6セルバッテリー、駆動時間約5.7時間(構成によって若干異なる)
本体サイズ(幅×奥行×高/mm)     339×234×28.53〜33.88
本体重量     約2.15kg(6セルバッテリー搭載)
カラー     ミッドナイトブラック
このような構成となります。
価格は基本構成が7万円台後半で、カスタマイズ後は8万円台半ば。クーポンを使えばより安価になります。 (価格は改定などで変わる場合がある為、時期によってはこの通りでないかもしれません)
カスタマイズを行なったのは、HDDを5400から7200rpmにした部分と16GBのキャッシュドライブを追加した部分、 そして指紋センサーや720p HDカメラを追加した部分。
元々がハイエンドな構成のパッケージなので、 CPUやメモリはカスタマイズしなくてもかなりハイスペックです。
XシリーズやTシリーズだと、このような構成であれば10万円を余裕で越えるところですが、 さすがにEdgeシリーズは安いと思います。
勿論、EdgeにはXやTのようにセキュリティチップが搭載されていないなどの細かな違いはありますが、 そのようなものを必要としない方にしてみると、 無駄な部分を省いてその分価格を低く抑えた方が良いと思われるのではないでしょうか。

なお、新製品のEdgeでは、カスタマイズで16GBのキャッシュ・ドライブを搭載する事が出来るようになっているのですが・・

16GB mSATAキャッシュ・ドライブ
これは容量の小さいSSDをキャッシュとして利用し、データ保存に容量の大きいHDDを利用する事で、 コストを抑えながらも高速なSSDの恩恵を受けようというもの。
今回のEdge E430に関わらず、IvyBridgeを搭載した最新の製品にはHDDとSSDを載せたものが多いです。
ですがマシンを使っている限りでは劇的に速度が変わるものでもないようで、 どの程度効果があるのかはHDDのみで動いているE430と比較してみない事には今のところはわかりません。
ただ、カスタマイズ価格はプラス¥5,250と結構安価なものなので、 予算に余裕のある方は追加しておくと良いのではと思います。

■ エクスペリエンス・インデックス
プロセッサ = 7.5
メモリ = 7.8
グラフィックス = 6.5
ゲーム用グラフィックス = 6.5
プライマリ ハードディスク = 5.9
性能の目安として、エクスペリエンス・インデックスのスコアを載せておきます。
プライマリ ハードディスク以外の値はかなり高い数値です。 このE430では外部GPUをカスタマイズで選ぶ事も可能となっている為、 より高い性能を追求する事も出来ます。
今回の構成でも、軽いPCゲームなら余裕で出来るでしょう。
とりあえず今回はこのスコアのみで、他のベンチ結果等は後の記事に掲載したいと思います。

今回は以上です。
新しいE430はタッチパッドやディスプレイのヒンジなど、やや変化した部分はあったものの、 改悪と思えるような所はなく(個人的にはタッチパッドはE420の方が好みだったのですが)、 この価格でこの内容であれば十分と思える内容です。
使った感触は結構良く、しかもかなり安価であることから旧モデルと同じように人気が出るのではないかと思っています。

記事は続きます。宜しければ次記事もご覧下さい。

2012.06.13 Wednesday | Lenovo(レノボ) Thinkpad | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
コメント
コメントする:











※コメントはすぐには表示されません。管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://touchpc.ykr.main.jp/trackback/235
※サイトや記事の内容と関連性が低い、
また管理人が適当ではないと判断したものについては削除させて頂きます。ご了承下さい。
新着記事
最近追加したレビュー
カテゴリ
コメント
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/10)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/07)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/06)
  • Thinkpad T61のまとめ
    TouchPC! (11/08)
  • Thinkpad T61のまとめ
    Takayuki-Tokushima (11/08)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    TouchPC! (02/22)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    mt (02/22)
アーカイブ
QRコード
qrcode
その他

Copyright © 2009 - TouchPC!. All Rights Reserved.