ThinkPad X230 の実機レビュー メインPCの1つとして購入してみました

ThinkPad X230
少し前の記事にも書いていましたが、レノボのThinkPad Xシリーズ新製品「 ThinkPad X230 」 が届いたので早速製品のレビューをお送りしたいと思います。
このThinkPad X230は多くの方がご存知の通り、X220の後継となる12.5インチのノートPCで、 インテルの第3世代Core iプロセッサ(IvyBridge)を搭載します。
今回の新製品と従来製品の違いとしては、プラットフォームが変わった事による細かな機能の違いなどがあげられますが、 最も大きな変化としては、従来の7列から6列キーボードへ斬新されたという部分でしょうか。
キーボードに関しては色々と賛否両論もあり、私自身も少し残念に感じている部分はあるのですが、 私が自分用に購入したという事は一応それらも含めて納得して購入しているわけで、 今回の記事では製品の外観や機能・性能等の詳細を含め、購入に至った経緯等についても触れたいと思います。
製品の購入を検討されている方や興味をお持ちの方は、是非記事をご覧下さい。

ThinkPad X230 インターフェースを細かくチェック&解説


X230 トップパネル
トップパネルは従来のモデルと変わらず、ブラックの非光沢素材のパネルを使用しています。 パネルの隅にはThinkPadとLenovoのロゴ入り。
Lenovoのロゴは一時期入ったり入らなかったりしていましたが、もうすっかり定着しました。

ThinkPad X230正面全体

ThinkPad X230背面全体
キーボードを除き、従来モデルの筐体からそれ程大きく変わった部分は見受けられません。

X230 左インターフェース

X230 右インターフェース
左側のインターフェースの内容は、USB3.0ポートが2基、VGAポート、ミニディスプレイポート、 ワイヤレスLANのオンオフ切替えスイッチで、右側のインターフェースの内容はメディアカードスロット、 PoweredUSB2.0ポート、LAN(RJ-45)ポート、マイク入力&ヘッドフォン出力のコンボポート、セキュリティスロット。
以前と同じでHDMIポートは搭載されていません。

X230 前面インターフェース
前面には右側にマグネット式のラッチ。
他にはなにもありません。

X230 背面インターフェース
右よりの位置にACコネクターを搭載。

X230の液晶
液晶は12.5インチワイドHD(1366x768ドット)の非光沢タイプを搭載しています。
高解像度な液晶が用意されず、1366x768ドットのみである所が少し残念です。
ですが、X230ではIPS液晶が選択できるため、今回のモデルにはIPS液晶を搭載してあります。 さすがに明るく視野角も広く、写りがきれいだと感じます。

なお、高解像度な液晶が用意されない理由としては、 ThinkPadは基本的に企業向けのモデルであり、その企業ではそれ程高解像度な液晶が望まれていない事などがあげられます。
一般的な個人向け市場や周りを見ていると、高解像度な液晶にニーズがあるように思うのですが、 企業では様々な年齢層のユーザーがPCを使用する場面も多く、 高解像度だと目が疲れやすい・見辛いという意見も少なくないのだとか。
自分の知人が企業にIT製品を導入する担当を担っているのですが、 実際の話を聞いていると、ThinkPadのような企業向け製品の構成がなぜ現在のような形になっているのか、 といった事が良くわかります。
あまり高解像度な液晶を用意しないのも、今回のキーボードの変化も理由があってそうしているのだと理解は出来ます。 (理解はできても、それで良いとは素直に思えないのですが)

ThinkLight
今回のX230、キーボードにバックライトを搭載(有料)する事が出来るのですが、
従来からのThinkLight(上から照らすタイプのキーボードライト)もそのまま搭載されています。
このようなライトは殆ど使わない事、また使うとしてもThinkLightのみで十分なため、キーボードバックライトは 選択しませんでした。
あとウェブカメラも非搭載です。
殆ど使う事はないと思うので・・
X230のロゴ。

ThinkPad X230のキーボードについて思う事


X230のキーボード全体

キーボード左半分を拡大

キーボード右半分を拡大
上写真はX230の新しくなった6列アイソレートキーボードです。
Break等の余り使用しないキーが消滅し、PrtScが最前列に配置されるなど、 Edgeシリーズに使われているものとほぼ同じだと思います。
ただキーの打鍵感等は柔らかめに設定されているそうです。
確かに、昔のEdgeシリーズのキーボードとX230のキーボードとでは見た目はそれ程変わらないのにも関わらず、 打ち心地は結構違います。私はどちらかというと柔らかめで、ある程度ストロークのあるキーボードが好みな為、 今回搭載されたアイソレートキーボードの打鍵感に関しては特に問題はありません。
ちなみに今回、メインPCの1つとして利用する製品を買うにあたり、キーボードの変化には少し悩みました。 普段から様々なPCに触れる機会がありますが、自分が日常的にメインPCとして利用しているのはThinkPadで、 その大きな理由の1つにキーボードの使い易さがあげられるからです。
先程も少し触れましたが、キーボードがこのような変化を遂げたのには、 やはり企業でのニーズという背景があります。 最近のノートPCはどれも6列のキーボード、しかもアイソレートキーボードを採用したものが大多数です。 そういった市場の傾向から、若い層のユーザーは7列キーボードに親しみがない方が多く・・・
最近では、そのような若い層のユーザーが企業へのPC導入を担当している事も多く、 そういった方達に7列のキーボードは古臭く見えたり、7列だと使い難いのではないかという懸念を与えたりする事もあるのだとか。 (実際に、そういった事例があったそう)
今後、その傾向が加速していく事を考えると将来的にキーボードの変更はさけられないでしょう。
とはいえ、既に一部のレノボ製品で導入している6列のアイソレートキーボードが不評かというとそうでもなく、 結構良い評価を受けているのだとか。
そういう経緯により、変更しても問題はないだろうという事で今回のキーボード変更に至ったようです。

ちなみに私自身についてですが、個人的には以前の7列スクエアキーボードが最も使い易い製品だという事は否定しません。 もしカスタマイズなどで選択できるとしたら、選択していたと思います。
じゃあ他のメーカーのモデルにするのか?と考えた所で、今回のThinkPad新製品に採用されたアイソレートキーボードと、 市場に出回る多くのPC製品のアイソレートキーボードとを比較した場合、 やはりThinkPadのアイソレートキーボードは設計面にかなり工夫されているだけあって使いやすいと感じます。
今回ThinkPadを購入しなくとも、いつか新しい製品は買わなくてはならないですし、 7列キーボードを搭載したThinkPadの旧モデルを購入するとしても、それをいつまでも使い続けるというわけにはいきません。
色々考えた末に、アイソレートキーボードになっても自分にとってはThinkPadのキーボードが最も使い易いキーボードである事には間違いが無いと確信したため、 今回メイン用としてX230を購入に至りました。
ただアイソレートキーボードはともかく、6列の配列は7列と比べて少し使い難いです。
特にファンクションキーの配置が横一列に隙間なく並べられている部分がなんとも・・

6列キーボードのファンクションキー(X230)

7列キーボードのファンクションキー(X220)
筐体の幅的に難しい部分もあるのかもしれませんが、 せめて7列キーボードの時のように、 ファンクションキーの間にキーを区別できるようなスペースを設けてもらえたらと思わなくも無いです。

X230のキーを横から
ThinkPadのアイソレートキーボードは、キートップがよくあるフラットな形状ではなく、 器のように彎曲しています。この窪みがあるのと無いのとでは、操作感に大きな違いが出ます。

カーソルキー
カーソルキーは若干、横のキーよりも下に飛び出る位置に配置されています。

タッチパッド(ウルトラナビ)
正直、一体型のタッチパッドは苦手です。
一体型なりに使い易い工夫が施されているのかもしれませんが、ボタンが一体になっているという時点で、 分離型のタッチパッドのような操作感とは絶対に違ってきます。
が、トラックポイントがあるので気にならないという所でしょうか。
トラックポイントがあるからThinkPadを使う・・というユーザーもいるくらいですから。
私自身は最近は家やカフェでの利用が殆どであるため、普段はマウスを使います。
従来通り、画面が180度以上開きます。
一体何の意味があるの?とお思いの方もいるかもしれませんが、 椅子に座り、画面があまり開かないノートPCを膝の上において操作してみてください。
画面があまり開かないノートの場合、画面を上側からみる事しか出来ず、 結構使いづらいです。液晶の視野角が余り広くないものだと、画面の内容や色がきちんと見えなかったりもします。
そういった場面があるかどうかはともかく、 ディスプレイ側に可動性があるというのは、あらゆる場面での使い易さを意味します。

X230の底面

メモリスロット
中央のパネル内にはメモリスロット。

右側面のHDDベイ

HDD
マシンの右側面にはHDDベイが配置されており、簡単にアクセスする事が出来ます。
その他のパーツへアクセスするには、キーボードを外す必要があります。


とりあえず、ThinkPad X230の外観や外観解説については以上となります。
次は構成と性能についてですが、X230を利用して複数の構成のベンチマーク等を比較・掲載したいと考えています。
※予定では最小に近いHDD構成、Core i5 & SSDの構成、Core i7やSSDを搭載したハイスペックな構成のモデルのベンチスコアを取りたいと 考えていますが、都合により変更となる可能性はあります。
X230について興味をお持ちの方や、製品の購入を考えられている方は、 参考までに次の記事もお読みいただければと思います。

2012.06.28 Thursday | Lenovo(レノボ) Thinkpad | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
コメント
コメントする:











※コメントはすぐには表示されません。管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://touchpc.ykr.main.jp/trackback/239
※サイトや記事の内容と関連性が低い、
また管理人が適当ではないと判断したものについては削除させて頂きます。ご了承下さい。
新着記事
最近追加したレビュー
カテゴリ
コメント
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/10)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/07)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/06)
  • Thinkpad T61のまとめ
    TouchPC! (11/08)
  • Thinkpad T61のまとめ
    Takayuki-Tokushima (11/08)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    TouchPC! (02/22)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    mt (02/22)
アーカイブ
QRコード
qrcode
その他

Copyright © 2009 - TouchPC!. All Rights Reserved.