Dell XPS 8500 の実機レビュー 高性能デスクトップPCの使用感を検証してみる

XPS 8500
DELL XPS 8500の実機レビューです。
この製品はインテルの最新プロセッサ IvyBridgeや高性能GPUを搭載する、デルのハイエンドデスクトップPC。
負荷の高い3Dゲームやアプリケーションなども余裕で動かす事の出来る構成を備えたマシンで、 その拡張性はデルのゲーム向けPC「ALIENWARE」程ではないものの、 かなりハイパフォーマンスな内容を構成することも可能となっています。
今回の記事に掲載のモデルにはCore i7-3770やRadeon HD 7870、12GBのメモリなどが搭載されており、 パフォーマンスは非常に高いです。
今回の記事ではそんなXPS 8500を利用し、使用感やベンチマークなどをレビューしてみたいと思います。
製品情報: DELL XPS 8500(公式ページ)

XPS 8500のケース・インターフェースをチェック


ケース全体

ケース上部のインターフェース
XPSのケース上部には小さなものを置く事ができるトレーと、幾つかの端子が搭載されています。 端子は写真左からUSB2.0ポートが2基、オーディオ入出力。

XPS 8500 左側面
ケースの左側面には、下の方に排気口を設置。
排気口がある位置の内側にはGPUがあります。
ケース右側面には何もありません。

XPS 8500の前面パネル全体
前面の様子。
光沢のパネルがとてもきれいです。
インターフェース等の内容は上からメディアカードリーダー、 その下には5.25インチベイを2基搭載、そして中央付近にはUSB3.0ポートを2基搭載しています。
メディアカードリーダーは19メディア対応です。
あと2基の5.25インチベイは、上側のベイにブルーレイディスクドライブが搭載されています。

XPS 8500の背面全体
背面にはACコネクター、USB3.0ポートが2基、USB2.0ポートが4基、 LANポート、オーディオポート、拡張スロットなど。
モニタ出力にはGPUに搭載の端子を利用します。

XPU 8500のケース内部
ケースの内部構造は上のような内容です。
左上に電源ユニット、そこから時計回りに5.25インチベイ、3.5インチベイ、 グラフィックカード、CPU、そしてCPUの右隣にメモリスロットを配置しています。

簡単に見ましたが、ケースはそこそこ拡張性が高いのと、 ファンが少ない割りにエアフローは良いです。
高性能なモデルですが筐体の温度が上がりにくいため、 ゲームのような負荷の高いプログラムを長時間動かす場合も安心です。
インターフェースの配置においても、上部の方にカードリーダーやUSB端子が集中しており 使い勝手も良いと感じます。

XPS 8500 性能面をチェックしてみる

次に構成と性能をチェックします。
まずは掲載モデルの構成から。

CPU

キャッシュ

マザーボード

メモリ

メモリ性能 スロット1、3

メモリ性能 スロット2、4

GPU
■XPS 8500 構成

OS    Windows 7 Home Premium SP1 64bit版
CPU    Core i7-3770(3.40GHz〜3.90GHz)
チップセット    H77 Expressチップセット
グラフィックス    Radeon HD7870(2GB)
メモリ    12GB(2GBと4GBメモリが各2枚ずつ/PC3-12800/最大16GB)
HDD    2TB HDD(7200rpm)+ 32GB SSD
オプティカルドライブ    BDドライブ
電源    460W
本体サイズ(幅×奥行×高/mm)    185×445×406
本体重量    約12.86kg
※記載の構成は機器検証時点のものです。現在は提供されていない可能性もあります。
今回掲載のXPS 8500の構成は上記のような内容となります。
Core i7-3770やRadeon HD7870の搭載などかなりハイエンドです。
メモリはサムスン製の2GBメモリとマイクロン製の4GBメモリを各2枚ずつ、合計で12GBメモリを搭載。
ストレージはHDDですが2TBという大容量・7200rpmのHDDを搭載しており、さらにキャッシュ用のSSDを 搭載するなど、パフォーマンスは結構良いです。
価格は変化する可能性があるためここでは触れませんが、内容の割りに安価である所も魅力です。

■ エクスペリエンス・インデックス
プロセッサ = 7.7
メモリ = 7.7
グラフィックス = 7.9
ゲーム用グラフィックス = 7.9
プライマリ ハードディスク = 5.9
HDD以外は全て7後半というスコア。
プライマリ ハードディスクは5.9ですが、SSDキャッシュの効果で体感速度は速いです。
■ CrystalDiskMark
Seq Read = 239.4、Write = 107.5

512K Read = 159.2、Write = 38.07

4K Read = 15.44、Write = 0.597

4K QD=32 Read = 198.7、Write = 1.017
SSDキャッシュの特性上、Readのスコアがとても高いです。
作業内容にもよりますが、HDDのみの構成時よりも動作は高速です。
■ 3DMark06(左)/3DMark11(右)
■ BIOHAZARD
BIOHAZARDは1920×1080の設定ですが、パフォーマンスはとても良いです。
多くのゲームを快適に行う事ができると思います。
なお余談ですが、ベンチ中のマシン内のパーツは負荷をかけてもそれ程温度が上がらず、 ケース内のエアフローは思ったよりも良いようです。
温度はパーツの寿命にも影響しますし、高温が続くとトラブルの原因にもなりますので、温度が上がらないというのは良い傾向だと思います。


補足として触れておきますが、 今回の構成ではCPUやGPUのOC(オーバークロック)を行う事ができるAMD Overdriveを利用する事ができます。

Catalyst Control CenterでのAMD Overdriveの設定
今回の検証では利用していませんが、AMD Overdriveは手軽にOCを行うためのもので、 パフォーマンスを向上させたいとお考えの方には便利なツール。
ただ、OCを行うとパーツの寿命が短くなったり、 トラブル等が起きた際にメーカーの保証を受けられなくなる可能もありますので注意が必要です。

レビューは以上です。
XPS 8500のケースは光沢部分が汚れやすいというところが気になるものの、
使い勝手もデザインもよく個人的に好みです。
拡張性もそれなりにありメンテナンス性も良いので、 下位構成で購入して自分でHDDやSSD、メモリ等を追加するなどという事も簡単にできます。(※自己責任となります)
あと性能面に関してですが、今回のモデルは非常に性能が高く十分にゲーム用途のマシンとして活用する事ができます。
ゲームをされるという場合、デルではALIENWAREという選択肢もあり、 ALIENWAREシリーズではさらに拡張性の高いモデルも提供されてはいますが、 デザイン等に凝っている分価格がやや高めとなります。
XPS 8500は高性能ではありますが、内容の割りに安価ですので価格面を気にされる方にも良いでしょう。
なお、記載の内容は現時点(2012年8月28日)のものであり、
現在は提供されていないパーツ等もあるかもしれません。
製品の構成やカスタマイズ内容、価格等の詳細を知りたい方は、 XPS 8500の製品ページをご覧下さい。

2012.08.28 Tuesday | デル | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
コメント
コメントする:











※コメントはすぐには表示されません。管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://touchpc.ykr.main.jp/trackback/245
※サイトや記事の内容と関連性が低い、
また管理人が適当ではないと判断したものについては削除させて頂きます。ご了承下さい。
新着記事
最近追加したレビュー
カテゴリ
コメント
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/10)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/07)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/06)
  • Thinkpad T61のまとめ
    TouchPC! (11/08)
  • Thinkpad T61のまとめ
    Takayuki-Tokushima (11/08)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    TouchPC! (02/22)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    mt (02/22)
アーカイブ
QRコード
qrcode
その他

Copyright © 2009 - TouchPC!. All Rights Reserved.