XPS 12 Ultrabook実機レビュー 液晶が回転するフルHD液晶搭載の12.5型ハイブリッドPC

XPS 12 Ultrabook
昨年の冬にデルが販売開始したUltrabook、XPS 12 Ultrabookの実機レビューです。
ご存知の方も多いと思いますが、このXPS 12 Ultrabookは液晶部を回転させる事でタブレットとしても利用する事が出来るコンバーチブルタイプのノートPC。
液晶が回転するといっても、一般的に思い浮かぶような液晶が左右に回転するタイプの製品ではなく、液晶の枠の中をクルクルと回転させる事ができる面白い構造を持っています。
これまでにないタイプの製品なだけに、使い勝手が想像できないという方も多いかもしれませんが、意外な事に左右に回転させるタイプのコンバーチブルPCよりも使いやすいです。
フルHDのIPS&ゴリラガラスの液晶や比較的リーズナブルな価格など、 変形できるという特徴を省いても感触は良い製品ですので、 フルHD&タッチ機能を搭載した12.5インチサイズのノートが欲しい、というような方にも向いていると思います。
今回は、このXPS 12 Ultrabookの使い勝手を詳しくレビューしてみたいと思います。
購入を検討されている方や、このUltrabookに興味をお持ちの方は是非目を通してみてください。
製品情報: XPS12 Ultrabook

XPS 12 Ultrabook 外観の様子や操作性について

XPS 12 Ultrabookの外観の様子や特徴をチェックしていきたいと思います。

トップパネルの様子

カーボンファイバーを使用
トップパネルと底面にはカーボンファイバーが使用されているそう。
カーボンファイバーは、ノートPCに使われる事が多いアルミと同等の強度を持ちながらも、アルミよりも軽いという特徴を持つ素材です。
他、パームレストにはマグネシウム、液晶にはゴリラガラスを採用するなど強度は高いと思われます。
このモデルにカラーバリエーション等は提供されていません。

左インターフェース

右インターフェース

前面のインターフェース
インターフェースの内容は、筐体左側に画面ローテーションのロックボタン、ヘッドフォン&マイクのコンボポート、 電源スイッチ、ボリュームコントロールボタンを搭載。
筐体右側にはバッテリーの状態表示を行うインジケーターランプ、バッテリーステータスボタン、 USB3.0が2ポート(左側のポートはPowerShareに対応)、Mini DisplayPort、ACコネクターを搭載しています。
PowerShare対応USBポートとは、マシンの電源がオフの状態であっても充電可能なUSBポートの事を指します。
前面・背面共に端子類は何もなし。
全体として端子の内容は最小限で、LAN等はありません。


以下、XPS 12 Ultrabookのディスプレイが回転する様子です。

通常のノートPCの状態

液晶回転中

液晶が天面をむいた状態

そのまま液晶をキーボード側に倒すとタブレットに
これまでに見かけたことのない構造であるため、最初はなれないかもしれません。
ですがこの液晶は、左右回転型のコンバーチブルノートよりも軽い力でスムーズにまわす事ができるため、 慣れるとこちらの方が使いやすく感じるのではと思います。
ただこの製品、サイズは12.5インチで317×215×15〜20mmと小型ですが、重量は1.52kgとそれ程軽くは無いため、 タブレットを片手で持って操作・・はちょっと辛いかもしれません。
私的には、タッチ中心の操作を行いたい場合は、 完全にタブレットのスタイルにしてしまうよりも、 液晶を180度裏返した状態でタッチ操作を行うスタイル(いわゆるスタンド∠などと呼ばれるスタイル) が使いやすいと感じます。

液晶はフルHDのIPS
IPS方式でフルHDの高解像度液晶を搭載しており、液晶の映りはとても美しいです。
ゴリラガラスを搭載しているため光沢液晶ですが、光沢でも明るく綺麗な液晶なので、見づらいと感じる事はあまりありません。
12.5インチででフルHDは個人的には好み。
文字が見辛いから高解像度液晶は苦手・・という方もいるなど賛否両論あるかと思いますが、 Windows 8 UIで使用する分には、解像度の高低は問題ないと思います。
とはいえ、デスクトップ画面などを使用する際には、文字などが小さいと使い難いと思われる方もいるかもしれません。 (文字が小さくても大きく表示させれば良いと思うのですが)
カスタマイズで解像度を選べれば最良ですが、今のところは高解像度液晶のみが提供されています。

キーボード
キーボードとタッチパッド。
タッチパッドはガラスで出来ているそうです。触れた感じではよくわかりませんが、 ボタン一体型の割りにとても使いやすいです。
キーボードも配列・キータッチ共によく出来ており、操作面では全く問題ないです。
この辺りの設計はタブレット云々関係なく、単に12.5型のノートPCとしてみても完成度の高い製品だと思います。

底面全体

底面中央にあるパネル
底面の中心部分にパネルが設けられていました。
中にはサービスコードなどを記載したシールが貼られています。
デザイン面を考慮しての事でしょうか?こういったコード類がないだけでも、底面はすっきりして見えます。

XPS 12 Ultrabook 性能面をチェック

次に性能と構成について。
なお、製品の性質上、掲載しているモデルの構成と実際に販売されているモデルの構成が 同じとは限りません。正確な構成や価格はデルの公式サイトでご確認ください。

CPU

キャッシュ

マザーボード

メモリ

メモリ性能(今回は表示されませんでした)

グラフィックス
■XPS 12 Ultrabook 掲載モデルの構成

OS    Windows 8 64bit版
プロセッサ    Core i5-3317U(1.7GHz〜2.60GHz)
チップセット    QS77 Expressチップセット
グラフィックス    HD グラフィックス4000
メモリ    4GB(DDR3 1600MHz/最大8GB)
HDD    128GB SSD
液晶    タッチ機能搭載 12.5インチワイドフルHD(1920×1080ドット)、IPS、光沢
ワイヤレス    Centrino Advanced-N 6235
Bluetooth    Bluetooth v4.0
バッテリー駆動時間    駆動時間は実測値で約6.9時間(bbenchで計測)
本体サイズ(幅×奥行×高/mm)    317.3×215.4×15〜20.0
本体重量    約1.52kg
今回掲載のモデルは、XPS 12 スタンダードと呼ばれる最小構成のマシン。
Core i5-3317Uや4GBのメモリ、128GB SSDという、Ultrabookとしてもスタンダードな内容の製品です。
性能に直接関係するパーツ以外の部分に関しては、 タッチ機能付のIPS&フルHD液晶を搭載している部分や、 バッテリー駆動時間等も比較的長い部分など中々感触は良いと思います。
具体的な価格は載せませんが(変化する可能性があるため)、上記構成で大体10万円前後。
似た構成の製品は数多く存在しますが、コンバーチブルタイプの製品にしてはリーズナブルな方です。
直販では8GBメモリを搭載したモデル、また Core i7や容量の大きいSSDを搭載したモデルも提供されており、 Ultrabookとしては比較的幅の広い選択を行える製品だと思います。
こういった製品は購入後にパーツの増設などをし難いため、 予算に余裕があるのであれば最初から納得のいく構成を選択しておきたいところ。
私的にはメモリ4GBは心許なく思うので、8GBメモリを搭載した構成を選択したいです。 動画編集などを行うような方であればCore i7を搭載した上位モデルがお勧めだと思います。

■ エクスペリエンス・インデックス
プロセッサ = 6.9
メモリ = 5.9
グラフィックス = 5.4
ゲーム用グラフィックス = 6.3
プライマリ ハードディスク = 8.1
■ CrystalDiskMark
Seq Read = 444.3、Write = 260.3

512K Read = 293.1、Write = 178.3

4K Read = 15.35、Write = 38.07

4K QD=32 Read = 272.9、Write = 100.3
■ BIOHAZARD

1360×768設定時のスコア

1920×1080設定時のスコア
性能は、Core i5を搭載したUltrabookとしては標準的だと思います。
メモリ性能は8GBにすればもう少しスコアがアップするでしょう。表の数字は単なる性能の目安ですが、メモリの性能が上がれば全体的なパフォーマンスが向上します。
SSDは6GB対応なので非常に高速。
同じ6GB対応でもそれ程スコアが伸びないSSDが沢山ある事を思うと、 今回のモデルに搭載されているSSDの性能は良いといえます。(SSDはサムスン製のPM830 mSATA)
総合してみると、この製品の用途では十分に満足できるパフォーマンスだと思います。
ゲーム等は出来ない事はないですが、処理が軽いもの以外は無理です。


しっかりとした筐体や美しい液晶など、見た目にも実際の使用でも良い感触の製品です。 変わったコンバーチブルノートPCではありますが、単なるノートPCとしてみても使いやすい製品だと思います。
特に、液晶が綺麗な所が良いです。液晶が綺麗だとそれだけで高級な製品に見えます。
直接性能には関係のない部分ですが、綺麗な液晶は長時間観ても目が疲れにくい傾向にあるため、液晶の質を重視される方は結構多いです。
フルHDの解像度しか用意されていないという部分は私的には良いのですが、 賛否両論あると思いますので、オプションでやや低めの解像度の液晶を選択できると尚良いです。 フルHDだとちょっと見辛い・・という方はこの製品はやめたほうが良いかもしれません。
タブレットとして使う場合や携帯する場合、重量がややネックではありますが、このタイプの製品は全体的に重めですし、 XPS 12は筐体がコンパクトなので扱いやすいという長所はあります。何より頑丈に出来ている所はモバイル向きだといえるでしょう。
価格もこのタイプの製品としては比較的リーズナブルですので、 コストパフォーマンスを重視される方や、操作性にこだわる方に特におすすめできる製品だと思います。
詳細はこちら: XPS12 Ultrabook
デル株式会社
2013.01.08 Tuesday | デル | comments(4) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
コメント
2013/01/09 7:00 PM, sasa wrote:
こんにちは
はじめまして
非常に興味があった製品なので、詳しいレビュー参考にさせていただきました

ディスプレイ回転時、ヒンジの頼りない感じはないですか?
まだ店頭展示で触ったことがないもので
2013/01/09 7:10 PM, Touch PC! wrote:
sasa様

コメントを頂き有難うございます。

ディスプレイに関しては、私も最初は大丈夫だろうかと思いましたが、
触ってみると意外にしっかりしており、耐久性はあると思います。

ヒンジの話とはまた違いますが、ディスプレイを後ろに大きく開いた状態で中の液晶を回転させると、回転中の液晶が机にぶつかります。
(ディスプレイがキーボードに対し、直角に近い状態だと回転させてもぶつからない)
勢い良く回転させて机にぶつけた場合、液晶を破損してしまわないか?と思う事はありました。

参考にしていただけますと幸いです。


2013/01/10 4:04 PM, sasa wrote:
Touch PC様

ご回答頂き、ありがとうございます
ヒンジは大丈夫そうですね
回転ディスプレイの使い方には、注意が必要かもしれませんね

昨年、新しくUltrabookを購入したのですが、
ttp://www.gigabyte.com/products/product-page.aspx?pid=4210#kf
win8にはやはりタッチが良いかと思い、モバイル用にもう一台と考えていたところでした…

余計な話、すみません
ありがとうございました
2013/01/10 4:27 PM, Touch PC! wrote:
Ultrabookでも14インチだと持ち運ぶには辛いですよね。
私も同じく、Win8はタッチ機能でこそのものだと思います。

こちらこそ有難うございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
コメントする:











※コメントはすぐには表示されません。管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://touchpc.ykr.main.jp/trackback/251
※サイトや記事の内容と関連性が低い、
また管理人が適当ではないと判断したものについては削除させて頂きます。ご了承下さい。
新着記事
最近追加したレビュー
カテゴリ
コメント
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/10)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/07)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/06)
  • Thinkpad T61のまとめ
    TouchPC! (11/08)
  • Thinkpad T61のまとめ
    Takayuki-Tokushima (11/08)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    TouchPC! (02/22)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    mt (02/22)
アーカイブ
QRコード
qrcode
その他

Copyright © 2009 - TouchPC!. All Rights Reserved.