HP Sleekbook14-b000実機レビュー 3万円台で購入できるノートPC

HP Pavilion Sleekbook14-b000
日本HPの2012年秋冬モデル、HP Pavilion Sleekbook14-b000の実機レビューです。
この製品は14型の液晶を搭載するSleekbookシリーズのノートPC。
Sleekbookとは、HPが独自に定義した薄型ノートの呼び名で、 Ultrabookの仕様には準拠しない同社の薄型ノートPCをそう呼びます。
確かに、14インチサイズのノートの割りには厚さは約21mm、重さは約1.9kgとコンパクトです。 携帯には向きませんが、PCを抱えて屋内をウロウロするくらいであれば容易に行えます。
そんな外観よりも大きな製品の特徴として挙げられるのは、価格の安さ。
基本構成だと2万円台後半で、送料込みでも3万円台前半(2012年1月8日時点)という価格を実現しています。
その分性能は抑え目ではありますが、 ネットや動画を閲覧するなどの用途には十分な性能を持つなど、 負荷の高い作業などを行わなければ快適に使用できる内容。価格の割りに見た目は悪くは無く、簡単なノートPCが欲しい方には最適な製品だといえるでしょう。
今回は、そんなHP Pavilion Sleekbook14-b000の詳細をレビューしたいと思います。
製品情報: HP Pavilion Sleekbook14-b000icon

HP Sleekbook14-b000の外観 見た目は価格以上

マシンの外観の様子や各部の操作性などをチェックしてみます。

マシン全体の様子

14インチの液晶
Sleekbook14-b000には、14インチワイドの光沢液晶を搭載。
解像度は1366×768とあまり高くは無いです。
液晶の映りも綺麗とはいえませんが、低価格帯のノートPCの液晶としては品質は普通。 この辺は価格を考えると仕方がない部分だと思います。

トップパネル全体の様子

トップパネルを拡大
掲載しているモデルのカラーはルビーレッド。
他、スパークリングブラックも提供されています。
トップパネルは光沢なので、触れるとやや指紋が目立ちます。 ですが、赤と黒のはっきりとした色の組み合わせは結構良いです。

左インターフェース

右インターフェース

前面の様子

背面の様子
筐体のインターフェースの内容は、左側面にセキュリティスロット、 排熱口、USB2.0ポート、ヘッドフォンとマイクのコンボポート、右側面には メディアカードスロット(2in1)、USB3.0×2ポート、HDMIポート、LANポート、 ACコネクターを搭載。筐体の前面と背面部分には何もありません。
14インチと大きめサイズのノートだけあって、薄型でも端子の内容はそれなりに揃っています。

キーボードやタッチパッド

キーボード
キーボードはアイソレーションタイプ。
操作時にキーボードの中央付近がやや撓むように感じますが、打ちにくくはありません。
右端一列にPgUpなどのキーが並ぶ配列は、好みが分かれそうです。
この配列は、Enter等を押すときに打鍵ミスを起こしやすいので私は余り好きではないのですが、 だから特別打ちにくいということはないです。

ボタンは分離
タッチパッドはボタン分離タイプ。
ボタンはやや硬めな押し心地ですが、普通に操作できます。
もう少しボタンが柔らかい押し心地であればより使い勝手がよかったですが、 このマシンのサイズではマウスを使われる方も多いと思いますので、あまり気にする部分ではないかもしれません。
なお、マウスを使われるのであれば、誤動作をふせぐためにタッチパッドはオフにしておいた方が良いでしょう。

Sleekbook14-b000の底面全体
Ultrabookは内部にアクセスできないものが多いです。
SleekbookはUltrabookではないですが、やはり薄型であるからなのか内部にアクセスする事が出来ないようになっています。
ただ、バッテリーだけは着脱可能です。


総合するとキーボードやタッチパッドなどの操作性は特別良いということはないですが、使い難いという事もありません。
デザインなどの見た目は好みもあると思いますが、悪くないと思います。
少なくとも、3万円前後のノートPCには見えないです。

Sleekbook14-b000 性能はどの程度か

Sleekbook14-b000は非常に安価なモデルですが、あまりにパフォーマンスが悪くては使い物になりません。 というわけで、Sleekbook14-b000の性能をチェックしてみました。

CPU

キャッシュ

マザーボード

メモリ

メモリ性能

グラフィックス
■HP Pavilion Sleekbook 14-b000 掲載モデルの構成

OS    Windows 8 64bit版
プロセッサ    AMD E1-1200(1.40GHz)
チップセット    AMD A68M FCH
グラフィックス    AMD Radeon HD 7310
メモリ    4GB(DDR3 1066MHz/最大4GB)
HDD    500GB HDD(5400rpm)
液晶    14.0インチワイドルHD(1366×768ドット)、光沢
ワイヤレス    IEEE802.11b/g/n
Bluetooth    Bluetooth v4.0
バッテリー駆動時間    4セル/駆動時間は実測で約4〜4.5時間(bbenchで計測)
ソフトウェア    Office Personal 2010 SP1
カラー    ルビーレッド
本体サイズ(幅×奥行×高/mm)    347×238×20.7〜23
本体重量    約1.9kg
HP Pavilion Sleekbook 14-b000には2種のモデルがラインアップされています。
今回掲載のモデルはオフィスを搭載したスタンダード・オフィスモデルで、 こちらはオフィスが搭載されている分、価格が約5万円と若干高くなるのですが、 3万円のスタンダードモデルと構成はほぼ同じ。違いはオフィスとBluetoothの有り無しのみです。 (3万円のモデルにはオフィスとBluetoothがない)
なお、3万円のモデルはスパークリングブラック、 オフィス搭載のモデルはルビーレッド・・という具合に構成によってカラーが固定されているため、 3万円のモデルでルビーレッドカラーを選択・・とは出来ません。
個人的にスパークリングブラックよりもルビーレッドのモデルの方が気に入っているので、 3万円の構成でルビーレッドを選べない所は結構残念です。

話は変わり、このSleekbook 14-b000の構成の特徴としては、Radeon HD 7310を内蔵したE1-1200というAPUの搭載があげられます。
このE1-1200はCPU性能はそれ程高くは無いのですが、グラフィック性能がCPUの性能に比べると高め。
低価格な製品は大抵グラフィック性能が低く、 ゲーム系のベンチマーク等は全く動かせないものも多いですが、 この製品は3万円という価格でありながら、比較的重めのベンチも動かす事が出来ます。
もちろん快適に動作・・とは別の話ですが、動かせる事自体がこの価格のノートの性能としてはすごい所です。
価格が価格なので過度の期待は禁物ですが、ネットや動画閲覧等が出来ればいい、簡単な用途に使える安いノートが欲しい・・という方には最適な製品だと思います。

■ エクスペリエンス・インデックス
プロセッサ = 3.5
メモリ = 5.4
グラフィックス = 4.0
ゲーム用グラフィックス = 5.7
プライマリ ハードディスク = 5.9
CPUが基本スコア(最も低い値)となりました。
インテルのCPUにもグラフィックスが内蔵されていますが、エクスペリエンスインデックスのスコアなどで見た場合、 インテルのCPUでは大抵グラフィックスが最も低い値となります。
ですが今回のE1-1200搭載ノートPCでは、 上の表の結果を見る限り、CPUよりもグラフィックスの性能が大幅に上だということがわかると思います。
■ CrystalDiskMark
Seq Read = 111.5、Write = 110.3

512K Read = 34.36、Write = 34.86

4K Read = 0.391、Write = 0.815

4K QD=32 Read = 0.855、Write = 0.783
HDDが搭載されているため、ディスクの速度は普通。
このスコアはHDDとしては遅くはありませんが、最近のSSDを搭載したノートPC等と比べると遅いです。
SSDをずっと使っているような方にはこのノートは向かないかもしれませんが、 これまでにもHDDのPCを使っていたというような方には、特に気にならない速度だと思います。
■ BIOHAZARD

解像度は1360×768に設定
比較的重めのベンチマークも動作します。
スコアはともかく、FF14のような重いベンチも一応動作しました。
安価なノートPCの低性能な構成だと、ベンチ自体が起動しないものが多いです。
低性能なPCは出来る事が限られてしまいますが、 この製品は高性能ではないものの、グラフィック性能がそこそこ高い分用途の幅が広いです。
常にサクサクと快適に作業されたい方には向きませんが、 日常的にネットや動画鑑賞等を行う程度の用途であれば十分にこなせます。


正直に言って、性能は最近のノートPCと比べるとやはり低いです。
性能にやや不満はあるが、価格に釣られて妥協するかどうか迷っている・・などという場合は、 この製品ではなく、もう少し価格の高いモデルにした方がよいかもしれません。
とはいえ、Atomなどを搭載した製品と比べた場合、パフォーマンスは明らかに高く、 特にグラフィック性能に関しては簡単なゲームをそこそこ動作させるくらいのパワーはあります。
この価格帯の製品としてはそこそこ見栄えもよく、操作性も悪くなく、 屋内を持ち歩ける程度のモバイル性能を持つなど、コストパフォーマンスは確実に高いです。
先に書いたように、価格だけに釣られて性能面に妥協するのはお勧めできませんが、 メインPCを既に持っていて、それとは別に簡単な用途に使うサブノートを探しているという方や、 とにかく値段重視という方にはお勧めできる製品だと思います。
詳細はこちら: HP Pavilion Sleekbook14-b000icon
キャンペーン情報はこちら
HP Directplus オンラインストア
2013.01.08 Tuesday | hp(ヒューレット・パッカード) ノートブック | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
コメント
コメントする:











※コメントはすぐには表示されません。管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://touchpc.ykr.main.jp/trackback/252
※サイトや記事の内容と関連性が低い、
また管理人が適当ではないと判断したものについては削除させて頂きます。ご了承下さい。
新着記事
最近追加したレビュー
カテゴリ
コメント
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/10)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/07)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/06)
  • Thinkpad T61のまとめ
    TouchPC! (11/08)
  • Thinkpad T61のまとめ
    Takayuki-Tokushima (11/08)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    TouchPC! (02/22)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    mt (02/22)
アーカイブ
QRコード
qrcode
その他

Copyright © 2009 - TouchPC!. All Rights Reserved.