HP ENVY Ultrabook 4-1100実機レビュー 安価&洗練されたデザインの14型ノート

HP ENVY Ultrabook 4-1100
日本HPが販売する2012年冬モデルノート、HP ENVY Ultrabook 4-1100の実機レビューです。
前回ご紹介したSleekbookがUltrabookの仕様に準拠しない薄型ノートであったのに対し、 今回のモデルは正真正銘のUltrabook。
携帯には適さない大きさですが、14型にしては軽く薄いため、 屋内や近所への持ち運びに適したホームモバイルノートという位置づけがなされています。
性能面はトップクラスのUltrabookの構成に比べると、やや抑え目な内容ではありますが、 内容から考えて安いです。
また安価でありながらもデザインなどが洗練されており、 安くて見た目が良いノートが欲しい方には最適。名前にENVYとつくだけあって見た目は本当に良いです。
今回は、そんなHP ENVY Ultrabook 4-1100の詳細をレビューしたいと思います。
製品情報: HP ENVY Ultrabook 4-1100icon

HP ENVY Ultrabook 4-1100 外観チェック スタイリッシュなデザイン

製品の外観の様子をチェックします。
今回の製品はUltrabookとしては非常に安価ですが、 ENVYという名を持つだけあってデザインにおいては各所に拘りが見られます。
実際、見た目はとても良く洗練された印象です。

マシン全体の様子

マシン全体の様子
HP ENVY Ultrabook 4-1100には、14インチワイドHD(1366×768)の光沢液晶が搭載されています。
14インチサイズで1366×768と、解像度はやや低め。
人によってはもう少し解像度の高い液晶が良いと感じるかもしれませんが、 表示される文字などが大きめなので観やすいというメリットはあります。
液晶はどちらかというと青っぽく綺麗とはいえませんが、 この価格帯のノートPCでは普通の品質だと思います。

トップパネル全体

トップパネル拡大
トップパネルはヘアライン加工のアルミ素材が使用されています。
掲載のモデルのカラーはブラック&レッド。
といっても上から見る限りではブラックカラーのトップパネルしか見えませんが、 底面にレッドカラーが施されています。黒い筐体に赤が挿し色となって、スタイリッシュな雰囲気です。

左インターフェース

右インターフェース

前面の様子

背面の様子
側面の端子類の内容は、左側面がLANポート、HDMIポート、USB3.0×2ポート、メディアカードスロット(2in1)、 右側面にはセキュリティスロット、マイク入力ポート、ヘッドフォン出力ポート、USB2.0ポート、 ACコネクターを搭載しています。
筐体の前面や背面には何もありません。
Ultrabookですが、14インチとサイズが大きめな為、とりあえず必要最低限の端子は揃っています。
このサイズで光学ドライブがないという部分を気にされる方がおられるかもしれませんが、 最近はある程度のサイズであっても、光学ドライブのないノートも多いです。
私的には光学ドライブは外付けで十分だと思っており、また、 光学ドライブのあるノートの方が壊れやすいとも感じているので、ない事は全く気になりません。

キーボード全体

キーボード
キーボードはアイソレーション型。
キーボードの右端一列にPgUpなどのキーが並んでいます。
これは前ページに載せたSleekbook14-b000と同じキーボードです。 うち心地は若干、今回のENVY Ultrabook 4-1100の方がしっかりとしてるような気がしますが、 可もなく不可もなくといった感じのキーボードです。

タッチパッド
ボタン一体型のタッチパッド。
表面にとても綺麗な加工が施されています。
HPではスピンフィニッシュ・イメージパッドと呼ぶようです。
タッチパッドとパームレストとの間に段差が設けられている部分など、 普通のタッチパッドよりも使い易い部分がある一方、 ボタン部分が押しにくかったりと使い難いと感じる部分もあります。
たまの操作であれば使い難さは余り気になりませんが、 長時間操作を行うと疲れるので、できればマウスを利用したいタッチパッドです。

底面全体の様子
底面の様子。
中のパーツやバッテリー等にアクセス可能なスロットなどは設けられていません。
底面は一面にレッドカラーが施されており、普段は見えないところですが綺麗です。 4隅に配置された足なども、なんとなくデザインに拘っているように感じられます。

HP ENVY Ultrabook 4-1100 ベンチマーク結果

次に性能面です。
今回のHP ENVY Ultrabook 4-1100の構成はUltrabookでは比較的ありふれた構成ですので、 性能に関しては飛びぬけて変わったところはありません。
ですがバッテリー駆動時間の長さなど、 パーツの内容からは想像しにくい部分でよいと思うところがありました。

CPU

キャッシュ

マザーボード

メモリ

メモリ性能

グラフィックス
■HP ENVY Ultrabook 4-1100 掲載モデルの構成

OS    Windows 8 64bit版
プロセッサ    Core i5-3317U(1.70GHz〜2.60GHz)
チップセット    HM77 Express チップセット
グラフィックス    HD グラフィックス 4000
メモリ    4GB(DDR3 1600MHz/最大8GB)
HDD    500GB HDD(5400rpm)& 32GB SSD(mSATA)
液晶    14.0インチワイドHD(1366×768ドット)、光沢
ワイヤレス    IEEE802.11b/g/n
Bluetooth    Bluetooth v4.0
バッテリー駆動時間    4セル/駆動時間は実測で約7.5〜8時間(bbenchで計測)
カラー    ブラック・レッド
本体サイズ(幅×奥行×高/mm)    340×236×19.8〜22.0
本体重量    約1.77kg
今回の記事に掲載のモデルは、ブラック・レッドカラーのスタンダードモデル。
他、同構成でカラーがブラック・シルバーのスタンダードモデルや、 スタンダードモデルにオフィスや8GBのメモリが搭載されたパフォーマンス・オフィスモデルが提供されています。
特徴としては、ストレージにHDDを用いながらも、キャッシュ用のmSATA SSDをプラスすることで、 価格を抑えながらもパフォーマンスを確保している部分があげられます。
SSDを搭載したマシンほどの性能は出ませんが、キャッシュ用のmSATA SSDを使用することで、 HDDのみでの動作時よりもパフォーマンスを向上させることが出来ます。
またバッテリー駆動時間の長さも、注目したい部分。
モバイル用途のマシンではないですが、屋内での使用であっても、長時間充電しなくてもよいのは手間が省けて結構便利です。
価格は今回の構成では¥69,930 (税込/2012年1月9日時点)〜。
Ultrabookとしてはかなり安価な価格です。

唯一、この製品で提供されている構成でイマイチだと思うのは、 8GBメモリのモデルにはオフィスが搭載されているという部分。
掲載のモデルは4GBメモリ搭載ですが、自分でパーツの追加が難しい製品ですので、 最初から8GBメモリを搭載しておきたいと思われる方もいるはずです。
ですが、8GBメモリのモデルではオフィスも付属しているため、その分価格が高くなります。 オフィスは必要であれば良いのですが、必要とされない方も多いです。
もう一つ、オフィスなしの8GBメモリ搭載モデルも用意されていれば良いと思いました。

■ エクスペリエンス・インデックス
プロセッサ = 6.9
メモリ = 5.9
グラフィックス = 5.0
ゲーム用グラフィックス = 6.3
プライマリ ハードディスク = 5.9
■ CrystalDiskMark
Seq Read = 270.1、Write = 79.07

512K Read = 260.8、Write = 31.86

4K Read = 24.09、Write = 0.946

4K QD=32 Read = 169.3、Write = 0.921
今回はHDDをプライマリディスクに使用した構成ですが、SSDをキャッシュに利用しているだけあって、全体的に読み込みのスコアが高めです。
もちろん、SSDを搭載したマシンのスピードにはかないませんが、HDDのみでマシンを動かすよりも高速な処理を期待できます。
■ BIOHAZARD

1360×768に設定時のスコア
グラフィック性能は、CPUに内蔵されたグラフィックスを使用しているのでそれほど良くありませんが、 処理負荷の高くない日常の作業であれば、快適にこなせる性能です。
動画のエンコードなども十分に出来るとは思いますが、 動画の編集等を中心にされるのであれば、もっと高性能な製品を使用したほうが良いです。
製品の価格的に考えて、コストパフォーマンスは十分良いと思います。


この製品で特に良いと思った所は筐体のデザイン、コストパフォーマンス、バッテリー駆動時間。 一方でいまいちだと思う所は、タッチパッドの使用感といったところでしょうか。
タッチパッドは見た目はとても綺麗に作られているのですが、クリック部分の使い勝手が余り良くないです。
14インチサイズのノートではマウスを使われる方も多く、タッチパッドの使用感はあまり 問題にはならないかもしれませんが、使い勝手が良いに越した事はありません。
あと途中にも書きましたが、オフィス無しの8GBメモリ搭載モデルが提供されていればよかったです。
それ以外では特に気になる部分もなく、総合すると感触の良いモデルだと思います。 特に見た目がとても良いので、こういった機器類の外観に拘る方には最適な製品です。
モバイル用途の製品ではありませんが、 バッテリーの持ちがとてもよいため、屋内での使用はもちろん、 近場へ持ち出す機会があった場合などにも重宝するのではと思われます。
頻繁に持ち運びしない、安価なUltrabookをお探しの方にはお勧めできる製品です。
詳細はこちら: HP ENVY Ultrabook 4-1100icon
キャンペーン情報はこちら
HP Directplus オンラインストア
2013.01.09 Wednesday | hp(ヒューレット・パッカード) ノートブック | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
コメント
コメントする:











※コメントはすぐには表示されません。管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://touchpc.ykr.main.jp/trackback/253
※サイトや記事の内容と関連性が低い、
また管理人が適当ではないと判断したものについては削除させて頂きます。ご了承下さい。
新着記事
最近追加したレビュー
カテゴリ
コメント
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/10)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/07)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/06)
  • Thinkpad T61のまとめ
    TouchPC! (11/08)
  • Thinkpad T61のまとめ
    Takayuki-Tokushima (11/08)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    TouchPC! (02/22)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    mt (02/22)
アーカイブ
QRコード
qrcode
その他

Copyright © 2009 - TouchPC!. All Rights Reserved.