Diginnos Mini NUC 製品レビュー NUC規格に準拠した超小型PCに触れてみる

Diginnos Mini NUC
ドスパラが販売する超小型のパソコン、Diginnos Mini NUC-GLのレビューです。
Diginnos Mini NUCは昨年の末に登場した、インテルのNUC規格に準拠する製品。
※NUCとは「Next Unit of Computing」の略で、 インテルが提唱する「約10cm四方のサイズを持つ小型PCのフォームファクタ」の事を指します。
非常に小さいマザーを載せた小型のPCで、 そのサイズは手のひらに余裕で乗ってしまう位。
実際に実物を見てみると、本当に小さいです。
小さいですが、Core i3やSSDなどが搭載されており、性能は普通に良いです。
Core i3なので負荷のかかる作業をする方には向きませんが、SSDの性能が良いのでパフォーマンスは快適。 部屋のスペースに余裕がない方や、インテリアの関係でPCを置きたくない方に適した製品だと言えるでしょう。
今回は、そんなDiginnos Mini NUCについて簡単に見てみたいと思います。
製品情報: Diginnos Mini NUC

Diginnos Mini NUC 小型筐体の中身をチェック

筐体が小型だと、気になるのは中身とインターフェース。
小型でも、必要な端子が最小限だと余り便利だとはいえないです。というわけで、内容をチェックしてみる事にします。

前面から見た筐体の様子
ケースの前面には、USB2.0ポートが1基搭載されています。

天面の様子

天面の電源ボタン
ケースの天面には電源ボタン。

背面の端子の様子
背面には、左側からACコネクタ、USB2.0×2ポート、HDMI×2ポート、LANポート、 セキュリティスロットが並んでいます。
USB3.0ではなく、USB2.0ポートのみであるところが少し残念に思うところでしょうか。
なお、今回掲載している製品は黒い筐体を持つDiginnos Mini NUC-GLというモデルですが、 別デザインの筐体を採用したDiginnos Mini NUC-TBというモデルもラインアップされています。
今回のDiginnos Mini NUC-GLと、Diginnos Mini NUC-TBとではインターフェースの構成が若干異なっており、 Diginnos Mini NUC-TBは背面にThunderboltを搭載しています。
その代わりHDMIポートは1基しかなく、LANポートもありません。
どちらが良いかは、使用者の環境次第だと言えます。

ケースの中身を覗いてみます。

Diginnos Mini NUCの中身

メモリスロット

SSD
見えるのはメモリスロットやmSATA SSD。
Diginnos Mini NUC-GLは標準で4GB×2の8GBメモリを搭載し、SSDは128GBです。
価格は今のところ(2013年2月8日)、標準構成で62,970円(税込)〜。
購入時のカスタマイズで16GBメモリや256GBのSSDを選択することも可能です。 カスタマイズなどせず自分で換装した方が安くつのでは・・と考える方もおられると思いますが、 カスタマイズ価格はそれ程高くはありません。
メモリをカスタマイズで16GBにするのが若干高いかなと思う程度で、SSDなどは128GB→256GBで+10,500 円なので、 自分で換装するよりも安くつくと思います。(パーツの市場価格やメーカにもよります)

なお、自作向けの製品として、 このDiginnos Mini NUCとほぼ同じものを作る事ができるベアボーンキットが販売されています。
キットのほかにACアダプターやパーツ、OS等、細々したものを揃える必要はありますが、 自作する方であれば自分で組み立てた方が安く上がります。 (もちろん揃えるパーツの価格によっては、Diginnos Mini NUCと余り価格が変わらないかもしれませんが)
ただ、自作するのであればもう少しmSATA SSDの値段が下がって欲しいところ。 最近は円安でSSD等の値段は上昇傾向にあるので、特にそう思います。
面倒な方は、組み立て品を購入されたほうが手間がなくて良いでしょう。
保証があるという安心感もあります。

液晶やキーボードとのサイズ比較
液晶やキーボードの横に置くと、非常に小さいです。
VESAマウントに対応した液晶の背面に取り付ければ、一体型PC並みに省スペースです。

Diginnos Mini NUC パフォーマンスは?

性能は・・
プロセッサ = 6.3
メモリ = 7.2
グラフィックス = 5.4
ゲーム用グラフィックス = 6.4
プライマリ ハードディスク = 8.1
低電圧版のCPUを搭載していますが、エクスぺリインデックスの値は結構良いと思います。私はノートPCを触ることの方が多い為、余計に高性能に感じるのかもしれません。
SSDのスコアもかなり高く、実際の操作も結構快適です。少なくとも、日常的な作業に使う分には不足に感じるところはあまりないと思います。


普段からそれ程負荷のかかる作業をせず、かつ拡張性も必要ないというのであれば、
Diginnos Mini NUCのような小型PCでも十分ではないかと思います。
自分に関しては、リビングに映画鑑賞用のデスクトップを設置(筐体のみ)しているのですが、 結構ケースが大きく邪魔に感じているため、このような小型のPCに置き換えられたらスペース的にも気分的にもすっきりするだろうと、NUCが発表された当初から考えています。
なお、自作される方にしてみると、価格が上乗せされた完成品を買う意味がわからないという意見もあるかもしれませんが、 パーツを集めるのが面倒くさい人や、少々であれば価格が高くなっても気にしないという人は少なからずいます。 (逆に、作るのを楽しむという方もいます)
このDiginnos Mini NUCは、場所を取られるのがイヤだという方、また自作するのが面倒、 もしくはした事がないという方にお勧めの製品です。
詳細はこちら: Diginnos Mini NUC 製品情報

2013.02.08 Friday | Dospara ドスパラ | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
コメント
コメントする:











※コメントはすぐには表示されません。管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://touchpc.ykr.main.jp/trackback/254
※サイトや記事の内容と関連性が低い、
また管理人が適当ではないと判断したものについては削除させて頂きます。ご了承下さい。
新着記事
最近追加したレビュー
カテゴリ
コメント
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/10)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/07)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/06)
  • Thinkpad T61のまとめ
    TouchPC! (11/08)
  • Thinkpad T61のまとめ
    Takayuki-Tokushima (11/08)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    TouchPC! (02/22)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    mt (02/22)
アーカイブ
QRコード
qrcode
その他

Copyright © 2009 - TouchPC!. All Rights Reserved.