ThinkPad X1 Carbon Touch 実機レビュー 少し重いが使用感は抜群

ThinkPad X1 Carbon Touch
以前、ThinkPad X1 Carbon のレビューを掲載しましたが、 その後ThinkPad X1 Carbon Touchを利用する機会があったので、簡単にレビューしておきます。
ThinkPad X1 Carbonは14インチサイズのUltrabook。
14インチでありながら約1.36kgと軽く薄く、それでいて操作性は良いというなかなか魅力的なマシンでしたが、 今回のX1 Carbon TouchはX1 Carbonにタッチパネルを採用したモデルとなります。
両モデルの違いはタッチパネルの有り無しのみ。 ですが、ThinkPad X1 Carbon Touchはタッチパネルを搭載しているという性質上、 X1 Carbonよりもやや重く厚みも増しており、携帯性も異なります。
今回の記事では、そういった部分について簡単に触れてみたいと思います。

ThinkPad X1 Carbon Touch 基本情報


トップパネル

左インターフェース 
ACコネクタにPowered USB2.0ポート、ワイヤレスLANのオンオフスイッチを搭載しています。

右インターフェース
SDカードスロット、ヘッドフォンとマイクのコンボ、Mini DisplayPort、USB3.0ポート、セキュリティスロットを搭載。筺体の前や後方には何もありません。

底面 バッテリの取り外しは不可、内部パーツのカバー等は一切なし

14インチワイドHD+ ノングレア液晶を搭載


キーボードとタッチパッド。タッチパッドはクリックボタン一体型

液晶は180度の角度まで完全に寝かせてしまう事が可能
見ての通り、見た目やインターフェースの内容はX1 Carbonと全く同じ。
こちらの方がやや厚みがある(X1 Carbonは8mm、X1 Carbon Touchは10mm)という違いはありますが、 見る限りでは全く違いないように見えます。
当然、キーボードやタッチパッドなどの使い勝手も同じ。
この製品、かなり薄型でキーストロークが浅目でありながら、使い勝手はとても良いです。 クリックパッドに関しても、私は昔から一体型のタッチパッドが苦手なのですが、そんな自分でも楽に使えるくらい使いやすく設計されています。
最近の新製品では5ボタントラックパッドなるものが登場していますが(トラックポイント側のボタンもタッチパッドに一体化してしまった) 正直自分はあまり使いやすいとは思えず、今回の製品のようなクリックパッドで止めておけばよかったのにと思わずにいられません。
話を戻し、唯一この製品で欠点と思われる点は「重量」。
14インチで約1.54kgの重量は、従来の製品に比べれば全然軽い方だと思います。 しかし、タッチなしのX1 Carbonが約1.36kgという超軽量を実現していたため、どうしてもそちらと比較してしまいます。

ThinkPad X1 Carbon Touch 上位構成の性能

簡単に性能面について触れておきます。

掲載モデルの構成
今回記事に載せているモデルの構成はCore i7-3667U、8GBメモリ、240GB SSD・・と、 上位構成として提供されているマシンの内容。OSはWindows 8 Proが搭載されています。
ThinkPad X1 Carbonでも同じ構成のモデルが提供されていますが、 タッチパネルを搭載しない分、X1 Carbonの方が価格は安いです。

■ エクスペリエンス・インデックス
■ CrystalDiskMark
3D系のベンチマークの結果は載せるまでもないと思うので、今回は載せません。(内蔵グラフィックスなので、軽いゲームができる程度です) CPU性能は高く、動画のエンコード等は楽に行えるでしょう。
搭載されているSSDの速度はそこそこ速いです。
最近のSSDとして考えると最速という感じではありませんが、十分高速な部類に入ると思います。
バッテリー駆動時間も実測で6時間と性能の割に長く、 ビジネスに使う分には十分満足の出来るマシンだと言えます。


以上となります。
ThinkPad X1 Carbon Touchはタッチパネルを搭載しているという点で、 Windows 8においての操作性はタッチなしのX1 Carbon に勝ります。
ただ、Windows 8ならではのモダンUIを中心に使われている方が多いかというとそうでもなく、 スタートメニューを追加するツールなどを使用し、デスクトップ画面メインで作業を行われている方は結構います。
Windows 8中心で操作をするのであれば、今回のモデルはとても使いやすいものだと思いますが、 そうではない場合、重量を重くしてまでタッチパネルを搭載するThinkPad X1 Carbon Touchを使う必要はないのでは? と考えています。
ThinkPad X1 Carbon とThinkPad X1 Carbon Touchの重さが同等であれば、ThinkPad X1 Carbon Touchをお勧めしますが、 個人的には重量が重いという点、またタッチパネル搭載で価格が高くなってしまうという点で ThinkPad X1 Carbon TouchよりもThinkPad X1 Carbon の方が魅力が大きいと感じます。
タッチ有りと無し、どちらのモデルを購入するか迷われた場合は、 普段の作業をどうやって行うか、また携帯性を重視するかどうかで選択すると良いでしょう。

2013.10.30 Wednesday | Lenovo(レノボ) Thinkpad | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
コメント
コメントする:











※コメントはすぐには表示されません。管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://touchpc.ykr.main.jp/trackback/259
※サイトや記事の内容と関連性が低い、
また管理人が適当ではないと判断したものについては削除させて頂きます。ご了承下さい。
新着記事
最近追加したレビュー
カテゴリ
コメント
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (06/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/10)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/07)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/06)
  • Thinkpad T61のまとめ
    TouchPC! (11/08)
  • Thinkpad T61のまとめ
    Takayuki-Tokushima (11/08)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    TouchPC! (02/22)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    mt (02/22)
アーカイブ
QRコード
qrcode
その他

Copyright © 2009 - TouchPC!. All Rights Reserved.