メモリスロットはキーボード下に Thinkpad T510とT410

Thinkpad T510
Thinkpad T510T410のレビュー記事の続きです。
そろそろまとめを・・と思ったのですが、書き忘れたことがあったので、 今回はそれらの事柄について簡単に述べてみたいと思います。
タイトル通りの内容なのですが、 今まで当サイトに掲載したThinkpadやIdeaPadなどのレノボ製品は、 メモリスロットやHDDベイが比較的アクセスしやすい位置にありました。
HDDベイならマシンの側面や底面、メモリスロットならマシンの底面やパームレスト下など、 特にマニュアルを参照しなくともメンテナンスを行う事ができるような単純な場所にありました。
ですが、今回ご紹介しているT410T510ではメモリスロットの配置が他モデルとは少々異なる為、 メモリの追加などを行う際には、場合によっては少し面倒な作業を行わなくてはなりません。
そういうわけで、今回の記事ではそういったパーツの配置について述べてみたいと思います。
宜しければご覧下さい。
(→Thinkpad T410/T510の詳細なスペック・価格情報 (公式サイト)

このページのトップへ

バッテリーの取り外し

まず最初に、マシンのメンテナンス等を行う際には、必ずバッテリーや接続ケーブル等を取り外します
バッテリー下にSIMカードスロット等が搭載されているモデルがあるのですが、 もしもSIMカードが取り付けられている場合にはカードも取り外します。
Thinkpad T510 バッテリー
マシンの底面。
Thinkpad T510 バッテリー
バッテリーの開閉ラッチ。
Thinkpad T510 バッテリー
バッテリーを取り外します。
Thinkpad T510 プロダクトシール
T410やT510では、Windowsのプロダクトキー・シールが、バッテリー下に張られています。
このページのトップへ

T510とT410のストレージ(ハードディスクドライブ)

T510とT410には、5400rpmの320GB HDDが搭載されています。
T510もT410もHDDベイは非常にアクセスしやすい位置にあるので、換装(交換)なども簡単です。
いまさらですが、rpmというのは1分間にディスクが何回転するかという単位の事。 数値が大きければ大きい程 回転数が多い=アクセス速度が速い と言う事になります。 ですが、回転数が多ければ多い程、物理的に障害を起こしやすくなるのでHDDの速度には限界があります。 物理的に動いたりする事のないSSDが衝撃に強く、HDDよりも高速だといわれるのにはこういった理由があります。
まずT410ですが、T410のHDDベイはマシンの左側面にあります。(以下T410)
Thinkpad T410 HDDベイ
Thinkpad T410 HDDベイ
Thinkpad T410 HDDベイ
Thinkpad T410 HDDベイ
このページのトップへ
そしてT510のHDDベイは、マシンの底面にあります。(以下T510)
Thinkpad T510 HDDベイ
Thinkpad T510 HDDベイ
Thinkpad T510 HDDベイ
このページのトップへ

T510とT410のメモリスロット

T510T410は、両モデルともメモリスロットが2つ搭載されています。
しかし、他のモデルのようにメモリスロットが2つ並んで配置されているのではなく、 底面に1つ、そしてもう一つはちょうど裏面に当たるキーボードの下・・というような配置となっています。
Thinkpad T410 メモリスロットとWIMAXモジュール
左側がWIMAXモジュール、右側がメモリスロット
写真はT410のものですが、T510も似たような配置です。
このページのトップへ
もう一つのメモリスロットはキーボード下に配置されている為、そちら側のメモリスロットにアクセスする為には、 キーボードを外さなくてはなりません
といっても、レノボ製品はほぼ全てのパーツの保守において、マニュアルが公開されています。 一部そうではない製品もありますが、主要なThinkpadシリーズにおいては、 殆どの保守をマニュアルを見ながら自分で行う事が出来るようになっています。
キーボードの取り外しも、面倒な事には変わりありませんが、 それ程難しいと言うわけではありません。
ただ一応、掲載のマシンは試用機・・と言う事で、さすがにキーボードの取り外しを行うのは少し躊躇われたので、 今回は手順画像を掲載しました。 キーボードの取り外し等の実際の手順においては、またいずれ掲載してみたいと思います。
このページのトップへ
以下、手順です。
Thinkpad T410・T510 キーボード取り外し手順
底面側にあるメモリスロットのカバーを外し、キーボードのマークが指し示す部分にあるネジを外します。
少々わかりにくいのですが、スロット内部ではなくスロットの外側の枠、 丸く穴が開いている部分にキーボードのネジがあります。(以下の写真の矢印先)
Thinkpad T410・T510 キーボードのネジ
ネジを外したらマシンを上向きにし、キーボードの奥を向こう側に押し込むような形にし、 キーボードの手前側をフレームより浮かせます。
このページのトップへ
Thinkpad T410・T510 キーボード取り外し手順2
キーボードが外れたら、キーボードを少し持ち上げ、本体と接続されているコネクター部分を取り外します。
するとキーボード下にメモリスロットが見えるので、通常のスロットと同様にメモリの交換等を行います。 (T410やT510で一つしかメモリスロットを使用しない場合は、キーボード下のメモリスロットを優先して使用します。)
後は、反対の手順でキーボードを取り付け、底面のネジを締めて完了です。
なお、これらキーボードの取り外しやメモリの交換・追加については、 サポート&ダウンロード より保守マニュアルを見ることができます。 モデルによっては実際のマシンと書かれている内容が少し異なっていたりする事もありますが、 メンテナンスを行ったりする際には非常に心強いアイテムです。
このページのトップへ

着脱式DVDドライブの重量

T410とT510には、着脱式のDVDドライブが搭載されています。
着脱式のDVDドライブとは、その名の通りマシンから着脱可能な光学ドライブの事で、 携帯時にはDVDドライブを取り外し、代わりにウエイトセーバーを取り付けて軽量化する事ができます。
ウエイトセーバーは、空いたスロット内の端子を保護する為のアイテム。 着脱式DVDドライブ搭載モデルには標準で付属します。
まあ軽量化・・といっても14.1型、15.6型のノートですので、 日常的に携帯する事は想像し難いのですが、 とりあえずドライブをウエイトセーバーに置き換える事で、どの程度軽量化できるのかという事について調べてみました。
このページのトップへ
まず始めに、着脱式DVDスーパーマルチドライブとウエイトセーバーを置き換えてみます。
Thinkpad T410・T510 着脱式DVDスーパーマルチドライブ
着脱式DVDスーパーマルチドライブのロックと開閉ラッチ。
Thinkpad T410・T510 着脱式DVDスーパーマルチドライブ
ロックを外し、開閉ラッチをスライドさせてドライブを取り外します。
Thinkpad T410・T510 ウエイトセーバーと着脱式DVDスーパーマルチドライブ
左側がウエイトセーバー。プラスティックで出来ています。
Thinkpad T410・T510 ウエイトセーバーを装着
ウエイトセーバーを装着。
このページのトップへ
次に両者をスケールで測ってみます。
Thinkpad T410・T510 ウエイトセーバーの重量
ウエイトセーバーは25グラム
Thinkpad T410・T510 DVDスーパーマルチドライブの重量
DVDスーパーマルチドライブは165グラム
165グラム − 25グラム = 140グラム
DVDドライブをウエイトセーバーに置き換える事で、約140グラム軽量化出来ると言う事がわかりました。
このページのトップへ

T410とT510のメモリやHDDについては以上となります。
今回のモデルに限らず製品の保守云々に関しては、 Thinkpad(IdeaPad)製品を使用する大きな利点の一つだと思っています。
ここまで充実したマニュアルを公開しているメーカーはそう多くありません。
Thikpad製品に関わらず、そういった作業はまず自分で行えないか?という事を考える自分にとって、 そういったメーカーの姿勢や方針は非常に有難いものです。
どうしても故障などで原因が特定できないような場合には、修理に出す必要もあるかと思いますが、 ちょっとしたメンテナンスやパーツの交換等は自分でやった方が早いですし、マシンを離さずに済むので安心です。
では次回はようやく最後の記事です。
T410とT510について簡単にまとめると共に、 T410とT510ではどのような違いがあるのか?(購入する場合、どちらを選べばよいのか?)といった事について、 自分なりの意見を書いてみたいと思います。
宜しければご覧下さい。
このページのトップへ
2010.04.27 Tuesday | Lenovo(レノボ) Thinkpad | comments(0) | trackbacks(1) | 記事URL
▲PAGETOP
コメント
コメントする:











※コメントはすぐには表示されません。管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://touchpc.ykr.main.jp/trackback/77
※サイトや記事の内容と関連性が低い、
また管理人が適当ではないと判断したものについては削除させて頂きます。ご了承下さい。
- / -
2010/05/04 5:20 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
新着記事
最近追加したレビュー
カテゴリ
コメント
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/10)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/09)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    TouchPC! (01/07)
  • dv6a 底面の各スロット内のパーツを確認してみる
    Nori3 (01/06)
  • Thinkpad T61のまとめ
    TouchPC! (11/08)
  • Thinkpad T61のまとめ
    Takayuki-Tokushima (11/08)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    TouchPC! (02/22)
  • dv7-6100 BIOS更新(F.1A)でGPUを固定できるスイッチャブル・グラフィックスを利用可能にする
    mt (02/22)
  • XPS 12 Ultrabook実機レビュー 液晶が回転するフルHD液晶搭載の12.5型ハイブリッドPC
    Touch PC! (01/10)
  • XPS 12 Ultrabook実機レビュー 液晶が回転するフルHD液晶搭載の12.5型ハイブリッドPC
    sasa (01/10)
アーカイブ
QRコード
qrcode
その他

Copyright © 2009 - TouchPC!. All Rights Reserved.